古事記学会予定表(平成13~28年度)
 

例会・大会・分科会の日程を降順で並べてあります。



8月例会
○日時 平成28年8月30日(火) 午後1時より
○場所 大阪市立大学 杉本キャンパス 1号館127教室 (JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)」駅下車、東へ徒歩約5分、地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車、4号出口より南西へ徒歩約20分)
大阪市立大学アクセスマップ大阪市立大学杉本キャンパス
◎内容
○『古事記』における名問いと名告り(研究発表)     奈良女子大学大学院生 星 愛美氏
○古事記における履中天皇の造形(研究発表)     奈良女子大学古代学学術研究センター協力研究員 阪口由佳氏
○古事記にみる天津日継(研究発表)     芦屋大学教授     白江恒夫氏
※8月例会は関西例会として実施致します。通常とは会場・曜日が異なりますので、御注意の上ふるって御参加下さい。
※終了後懇親会を行います。



6月大会
◇期日 平成28年6月18日(土)~21日(火)
◇会場 公開講演会・研究発表会 盛岡大学A校舎A205教室
                【〒020―0694 岩手県滝沢市砂込808
                電 話 019―688―5555(代)】
                盛岡大学交通アクセス・キャンパスマップ

◇日程
6月18日(土)
〇公開講演会 午後1時30分~4時30分  (総合司会)皇學館大学教授 橋本雅之
    代表理事挨拶                  代表理事 毛利 正守
    会場校挨拶                 盛岡大学学長 徳田  元
    イザナキ・イザナミ神婚譚の幕末、近代における受容と変容   帝塚山学院大学教授 及川 智早
    堀景山と本居宣長              盛岡大学教授 高橋 俊和
〇総 会(午後4時30分~5時30分)
〇懇親会(午後6時30分~8時30分)   会場 ホテルルイズ(盛岡駅近く、開運橋側)
                    8 〒020―0034 盛岡市盛岡駅前通7番15号
                    電話 019(625)2611
                    ホテルルイズ・アクセス
                    会費 6,000円
6月19日(日)
〇研究発表会
午前の部(午前10時~午後12時10分)(総合司会)宮﨑県立看護大学教授 大館真晴
   福慈と筑波                京都大学大学院生 衛藤恵理香
                      (司会)千葉大学准教授 兼岡理恵
   『日本書紀』の注記―〈倭義注〉とその偏在から考える― 京都精華大学准教授 是澤範三
                  (司会)群馬県立女子大学教授 北川 和秀
   天若日子と雉の「言」―『古事記』の語る「言」の秩序をめぐって― フェリス女学院大学教授 松田浩
                     (司会)國學院大學兼任講師 多田元

午後の部(午後1時30分~午後4時30分)(総合司会)明治大学専任講師 植田麦
   妹との婚姻―欠史八代以前と以後―      東京大学大学院生 山崎健太
               (司会)島根県立大学短期大学部講師  山村桃子
   吉田兼俱の『日本書紀』神代巻解釈の形成―一条兼良『日本書紀纂疏』との関わりをめぐって― 北海道大学准教授 金沢英之
                      (司会)東海大学教授 志水義夫
   「直に向かへる」―振り返ることの意味    聖学院大学教授 渡辺正人
                     (司会)立命館大学教授 藤原享和
   天地初発之時の訓義                     菅野雅雄
                    (司会)九州女子大学教授 奥田俊博

  閉会の辞                    古事記学会理事 嵐義人

6月20日(月)~21日(火)
〇臨地研究
  一、集合場所 盛岡駅西口二階バスターミナル(マリオス前)
  一、集合時間 午前8時30分
  一、見学コース 「陸奥の古代」(状況により変更する場合もあります)
   (一日目)盛岡駅集合~志波城址~樺山遺跡~角塚古墳~歴史公園えさし藤原の郷(昼食)~胆沢城址(奥州市埋文センター)~柳之御所資料館~無量光院跡~中尊寺~毛越寺~達谷窟~渓泉閣(厳美渓温泉)泊……一ノ関駅(日帰り参加者のみ)
   (二日目)わくや万葉の里(天平ろまん館・黄金山神社)~塩竃・武田の笹かまぼこ(昼食)~塩竈神社~多賀城址~東北歴史博物館~仙台空港(第一次解散:15時)
   ~仙台駅(第二次解散:16時)~盛岡駅(第三次解散:19時30分)
  一、 案内 伊藤博幸(岩手考古学会会長・元岩手大学平泉研究センター教授)
         犬飼公之(宮城学院女子大学名誉教授)
  一、費用 23,000円(バス・見学・昼食代を含む)
   二十日日帰り参加の場合は、9,000円
  一、人数 郵便振替での参加費受領順に40名で締め切ります。また、最低執行人数に達しない場合には取りやめる場合がありますので、御承知おきください。

  ☆臨地研究については、宿の確保、執行の可否の問題がありますので、早めにお申し込みください。
  ☆19日(日)は、近隣に昼食をとれるところがありません。昼食が必要な方は、必ず事前にお申込み下さい。
  大会関係の参加諸経費は下記の通りです。同封の振替用紙【口座番号「02290―4―120352」加入者名「平成28年度古事記学会大会実行委員会」】に所定金額をご記入の上、5月20日(金)までにお払い込み下さい。
      ・懇親会費        6,000円
      ・昼食代(19日)     1,000円
      ・臨地研究       23,000円
      ・臨地研究(日帰り)   9,000円

◇出張依頼状は学会事務局(國學院大學若木タワー10階1009(谷口)研究室)宛に返信用封筒に切手を添付の上、お申し込みください。

                         (学会事務局)〒150―8440 東京都渋谷区東4―10―28
                         國學院大學 若木タワー10階1009研究室
                         電話 03―5466―0212



4月例会
〇日時  平成28年4月23日(土) 午後2時より
〇場所  学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。JR「高田馬場」駅下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
〇内容
○崇神天皇条(4)(講読)       早稲田大学大学院生     奥田 惇 氏
○和歌三神について(研究発表)     甲南女子大学        武部智子 氏
〈会場校からのお願い〉
※御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



3月分科会
○日時  平成28年3月26日(土) 午後2時より
○場所  東海大学 高輪校舎 1号館2階 1202教室 (東京メトロ南北線「白金高輪」駅下車徒歩約8分/都営地下鉄浅草線「泉岳寺」駅下車徒歩約10分/JR・京浜急行線「品川」駅高輪口下車徒歩約18分)東海大学高輪キャンパスへのアクセス・校舎内マップ

◎内容
○『日本書紀』巻7(景行天皇)(講読)    國學院大學研究開発推進機構PD研究員 小野 諒巳 氏
○『続日本紀』巻第16(講読)    東海大学教授 志水 義夫 氏



12月例会
○日時  平成27年12月19日(土) 午後3時より
○場所  学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「フミヒトと国史の編纂」(講演)   成城大学・中央大学兼任講師   加藤 謙吉氏
〈会場校からのお願い〉
※御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取り下さい。



11月例会
○日時  平成27年11月21日(土) 午後2時より
○場所  学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)
◎内容
○「崇神天皇条(三)」(講読)                           國學院大學大学院生   鶉橋 辰成氏
○「『先代舊事本紀』編纂論序説」(研究発表)                     九州共立大学     工藤  浩氏
〈会場校からのお願い〉
※御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取り下さい。



9月例会
○日時  平成27年9月19日(土) 午後2時より
○場所  学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「崇神天皇条(二)」(講読)                            國學院大學大学院生      高橋 俊之氏
○「幕末~明治初期における『播磨国風土記』研究―谷森善臣を中心に―」(研究発表)   千葉大学           兼岡 理恵氏
※当日は、午前10時より同じ会場で風土記研究会の平成27年度研究発表会が行われます。古事記学会と併せての御参加を御案内申し上げます。
〈会場校からのお願い〉
※御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取り下さい。



8月例会(関西例会)
○日時 平成27年8月9日(日) 午後1時より
○場所 大阪市立大学 杉本キャンパス 法学部棟11F大会議室G201教室 (JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)」駅下車、東へ徒歩約5分、地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車、4号出口より南西へ徒歩約20分)
大阪市立大学アクセスマップ大阪市立大学杉本キャンパス
◎内容
○「『古事記』における「日の御子」」(研究発表)  島根県立大学短期大学部       山村桃子氏
○「「海ゆかば」歌考」(研究発表)         立命館大学             藤原享和氏
○「『古事記』下巻の天皇の歴史」(研究発表)    大阪市立都島第二工業高等学校    梅田 徹氏
※8月例会は関西例会として実施致します。通常とは会場・曜日が異なりますので、御注意の上ふるって御参加下さい。
※終了後、懇親会を行います。



7月分科会
〇日時 平成27年7月18日(土) 午後2時~5時
〇会場 早稲田大学 戸山キャンパス(文学部)39号館6階第7会議室  (JR「高田馬場」駅下車、徒歩20分、学バス「早大正門」行き「馬場下町」下車。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩3分。都電荒川線「早稲田」駅下車徒歩5分。)(キャンパスマップ)
※会場へは、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
・『日本書紀』巻七(景行天皇)(講読)      國學院大學研究開発推進機構PD研究員 小野諒巳氏
・『続日本紀』巻第十五(講読)          早稲田大学大学院生 高橋憲子氏



6月大会
◇期日 平成27年6月13日(土)~14日(日)
◇会場
公開講演会・研究発表会 専修大学 生田キャンパス 10号館 10101教室
           【〒214―8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2―1―1(生田キャンパスへのアクセス)
           電話 044―911―1037(研究室ダイヤルイン)】
◇日程
6月13日(土)
○公開講演会  午後1時30分~午後4時30分
    代表理事挨拶                 古事記学会代表理事 毛利正守
    大会校挨拶                    専修大学学長 矢野建一
    神仙思想・道教の研究からみた七世紀の日本     専修大学教授 土屋昌明
    海辺の神話・伝説と潟の記憶           慶應義塾大学教授 藤原茂樹
○総会   午後4時30分~5時30分
○懇親会  午後6時~午後8時   【会 場 専修大学 生田キャンパス 9号館5階 キャビン】

6月14日(日)
○研究発表会
  午前の部 (午前10時 ~ 午後12時10分)
    『日本霊異記』における「天皇」      早稲田大学大学院生 荒川 聡美
                       (司会 千葉大学准教授 兼岡理恵)
    伊耶那岐命・伊耶那美命による神話的世界の移動について      鹿児島工業高等専門学校 准教授 田中 智樹
                       (司会 國學院大學准教授 谷口雅博)
    『古事記』の国生み神話と穀物       國學院大學兼任講師 山﨑かおり
                       (司会 聖学院大学教授 渡辺正人)

  午後の部 (午後1時30分 ~午後4時30分)
    応神即位への助走―景行記系譜に関する一考察―      日本大学大学院生 鈴木 雅裕
                       (司会 早稲田大学教授 松本直樹)
    「倭建命」の造型―『古事記』における秩序と逸脱―      大阪市立大学大学院生 岡田 高志
                       (司会 沼津工業高等専門学校准教授 小村宏史)
    古事記の語りと歌―オホハツセの歌を中心に―      山梨英和大学教授 石田 千尋
                       (司会 國學院大學兼任講師 多田 元)
    『古事記』の「独神」をめぐって       九州女子大学教授 奥田 俊博
                       (司会 学習院女子大学教授 神田典城)
閉会の辞                     古事記学会理事  嵐 義人

◇出張依頼状は学会事務局(國學院大學若木タワー10階1009(谷口)研究室)宛に返信用封筒に切手を添付の上、お申し込みください。
◇会場への交通、宿泊案内等は郵送の別紙を御参照ください。

                         (学会事務局)〒150―8440 東京都渋谷区東4―10―28
                         國學院大學 若木タワー10階1009研究室
                         電話 03―5466―0212



4月例会
○日時  平成27年4月25日(土) 午後2時より
○場所  学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「崇神天皇条(一)」(講読)        東京大学大学院生      山崎 健太氏
○「『先代旧事本紀』の諸本をめぐって」(研究発表) 早稲田大学      松本 弘毅氏
※今月は、第三週ではありませんので御注意下さい。
〈会場校からのお願い〉
※御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取り下さい。



1月分科会
○日時 平成27年1月31日(土) 午後2時~午後5時
○場所 早稲田大学 戸山キャンパス(文学部) 33-2号館 203教室 (JR「高田馬場」駅下車、徒歩20分、学バス「早大正門」行き「馬場下町」下車。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩3分。都電荒川線「早稲田」駅下車徒歩5分。)(キャンパスマップ)
※会場へは、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
○『日本書紀』巻六(垂仁天皇)(講読)   東海大学教授 志水義夫氏
○『続日本紀』巻第十五(講読)    早稲田大学大学院生 高橋憲子氏



12月例会
○日時 平成26年12月20日(土) 午後3時より
○場所 学習院女子大学 6号館1階 634教室  ※通常とは、開始時刻、建物、教室が異なりますので、御注意ください。
※6号館は、体育館の建物の一階です。正門(明治通り側)から行くと、いつもの互敬会館に向かって右並び、2棟目の建物です。会館前から右に向かって行けば、そのまま入口が見えます。2、3段階段を下りて建物に入るようになります。北門(諏訪通り側)から行くと、右手すぐの建物です。体育館に入る広い階段がありますが、左手から回り込んでその階段の裏に入口があります(喫煙所を御存知の方は、喫煙所の付近に入口があります)。
◎内容
○「古代文学研究の方法を巡って」(講演)   武蔵大学名誉教授   古橋信孝氏
〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



11月例会
○日時  平成26年11月22日(土) 午後2時より
○場所  学習院女子大学 2号館4階 241教室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
※通常とは建物、教室が異なりますので、御注意ください。
※当日は、同じ建物の1~3階で、女子高等科の説明会が実施されており、そちらへの案内誘導の職員も配置されておりますので、お間違えのないようご注意下さい。
◎内容
○「開化天皇条(二)」(講読)                   早稲田大学大学院生    折原佑実氏
○「天孫の母―ヨロヅハタヒメに関する考察―」(研究発表)      二松学舎大学非常勤講師    青柳まや氏
〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



9月例会
○日時  平成26年9月20日(土) 午後2時より
○場所  学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「開化天皇条(一)」(講読)      島根県立大学短期大学部   村上桃子氏
○「物語の生成―妻争いと反乱―」(研究発表)       武蔵大学大学院生   石川久美子氏

※当日、構内において仏教文学会の大会が開催されており、案内掲示が紛れて見えにくいかもしれませんので、御承知おきください。

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



8月例会(関西例会)
  奈良女子大学日本アジア言語文化学会共催
○日時 平成26年8月4日(月) 午後2時より
○場所 奈良女子大学G201教室(南門より入り、左手の理学部G棟) (近鉄線近鉄奈良駅 1番出口から徒歩5分 アクセスマップキャンパスマップ)
◎内容
○「壬申紀における神祇への言及――「天照太神」と「事代主神」とをめぐって――」(研究発表)     大阪市立大学大学院生  岡田高志氏
○「天之真名井の宇気比と天孫誕生」(研究発表)     同志社女子大学名誉教授 寺川眞知夫氏
※一昨年度まで3月例会として実施していた関西例会を今年度から8月に実施致します。通常とは会場・曜日が異なりますので、御注意の上ふるってご参加下さい。
※当日は、会場校の試験期間にあたっておりますので、午後1時以前の入構はお控え下さい。
※終了後、懇親会を行います。



6月大会
◇期日 平成26年6月21日(土)、22日(日)、23日(月)
◇会場 ・公開講演会 島根県立産業交流会館 くにびきメッセ 国際会議場
           【〒690―0826 島根県松江市学園南1-2-1 電話0852―24―1111】
           くにびきメッセ(島根県立産業交流会館)へのアクセス
・研究発表会 島根県立大学短期大学部 松江キャンパス 大講義室
           【〒690―0044 島根県松江市浜乃木7-24-2 電話0852―24―0223】
           島根県立大学短期大学部松江キャンパスへのアクセス

◇日程
6月21日(土) 【会場 島根県立産業交流会館 くにびきメッセ 国際会議場】
○公開講演会  午後1時30分~午後4時30分
    代表理事挨拶                     代表理事 毛利正守
    『出雲国風土記』の位相          お茶の水女子大学教授 荻原千鶴
    古事記の文章法をめぐって           京都大学名誉教授 内田賢徳
○総会    午後4時30分~5時30分
○懇親会   午後6時~午後8時
        【会場 松江東急イン 島根県松江市朝日町590 電話0852-27-0109】

6月22日(日) 【会場 島根県立大学短期大学部 松江キャンパス 大講義室】
○研究発表会
  午前の部 (午前10時 ~ 午後12時10分)
    『先代旧事本紀』の史書性        奈良女子大学大学院生 星  愛美
                          (司会 九州共立大学教授 工藤 浩)
    神武紀冒頭部の表現と位相          上智大学大学院生 葛西 太一
                          (司会 群馬県立女子大学教授 北川和秀)
    出雲神郡と出雲の神々           國學院大學兼任講師 小林 宣彦
                          (司会 早稲田大学教授 松本直樹)
  午後の部 (午後1時30分 ~午後4時)
    天石屋戸神話における「内告」―天照大御神と天宇受売との関係―  奈良県立万葉文化館主任研究員 井上さやか
                          (司会 國學院大學准教授 谷口雅博)
    『古事記』五十二番歌における敬語表現     立命館大学教授 藤原 享和
                          (司会 上智大学教授 瀬間正之)
    削偽定実の一端―和邇氏・葛城氏の記述をめぐってー       菅野 雅雄
                          (司会 東海大学教授 志水義夫)
閉会の辞                   学習院女子大学教授 神田 典城

6月23日(月)
○臨地研究
午前8時 松江駅南口出発―茶臼山(松江市山代町)―神魂神社(松江市大庭町)―八重垣神社(松江市佐草町)―須我神社(雲南市大東町須我)―船岡山(雲南市大東町北村)―昼食:ホテル上代(雲南市三刀屋町三刀屋)―須佐神社(出雲市佐田町須佐)―稲佐浜(出雲市大社町杵築北稲佐)―出雲大社(出雲市大社町杵築東)―命主神社(同)―古代出雲歴史博物館(同)―出雲市駅到着(出雲市・午後5時到着予定)―出雲空港到着(出雲市斐川町・午後5時半到着予定) 郵送には到着予定を入れていませんでしたが、一応の目安としてお示し申し上げます。予定通りにならない場合もあります。

◇郵送に同封のハガキは会員名簿作成の資料にしますので、不参加の方も所定事項を記入の上、必ず御投函ください。
◇大会関係の参加諸経費は下記の通りです。
郵送に同封の郵便払込用紙【口座番号「01300-9-90028」加入者名「古事記学会島根大会運営事務局」】に所定金額を御記入の上、5月31日(土)必着でお申し込み下さい。
 ・懇親会費  7,000円   ・昼食代(22日)  1,000円   ・臨地研究費    5,500円(募集人員 40名 定員になり次第、締め切ります。)
◇出張依頼状は学会事務局(國學院大學若木タワー10階1009(谷口)研究室)宛に返信用封筒に切手を添付の上、お申し込みください。
◇会場への交通、宿泊案内等は郵送の別紙を御参照ください。

(大会関係問い合わせ先) 島根県立大学短期大学部 松江キャンパス 古典文学研究室
   〒690―0044 島根県松江市浜乃木7―24―2 電話  0852―20―0223 Eメール m-murakami@matsue.u-shimane.ac.jp



4月例会
○日時 平成26年4月19日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 2号館3階 235教室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
※通常とは建物、教室が異なりますので、御注意ください。
◎内容
○『古事記』における継嗣争いの読み方-神武記を中心に-(研究発表)     國學院大學特別研究生 井上隼人氏
○「応神記・三皇子の皇位継承の資格について」(研究発表)     東京大学 福田武史氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



1月分科会
○日時 平成26年1月25日(土) 午後2時から
○場所 早稲田大学 戸山キャンパス(文学部) 31号館 01教室 (JR「高田馬場」駅下車、徒歩20分、学バス「早大正門」行き「馬場下町」下車。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩3分。都電荒川線「早稲田」駅下車徒歩5分。)(キャンパスマップ)
  ※会場へは、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
○『日本書紀』巻六(垂仁)(講読)    東海大学教授 志水 義夫 氏
○『続日本紀』巻十四(講読)     早稲田大学大学院生 川副由理子氏



12月例会
○日時 平成25年12月21日(土)午後3時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「神話の出雲と歴史の伊勢」(研究発表)斎宮歴史博物館学芸普及課 課長     榎村寛之氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



11月例会
○日時 平成25年11月23日(土)勤労感謝の日 午後2時より
○場所 学習院女子大学 2号館 3階 235教室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
当初の御案内とは会場が変更になりました。御注意ください。
※祭日のため、正門からの入構はできません。北門をご利用下さい。
◎内容
○「孝元天皇条」(講読)     國學院大學兼任講師 舟木勇治氏
○「日向三代の神話における「鵜葺草葺不合命」の意義」(研究発表)     國學院大學大学院生 室屋幸惠氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



9月例会
○日時  平成25年9月21日(土) 午後2時より
○場所  学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)
◎内容
○「孝霊天皇条」(講読)    日本大学大学院生 鈴木雅裕氏
○「タケミカヅチ神話を巡って」(研究発表)      日本女子大学学術研究員 岩田芳子氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



6月大会(第60回)
◇期日 平成25年6月15日(土)~18日(火)
◇会場 フェニックス・シーガイアリゾート・サンホテルフェニックス (フェニックス・シーガイアリゾート・サンホテルフェニックス 交通アクセス) 【〒880-0122 宮崎市塩路浜山3083 電話0985-21-1313】
※なお、学会に関する問い合わせ等は、かならず古事記学会事務局宛にお願い致します。

◇日程
6月15日(土) 【サンホテルフェニックス国際会議場ホールA】
○公開講演会  午後1時~午後4時
  代表理事挨拶代表理事                     毛利 正守
  大会校挨拶               宮崎県立看護大学学長 瀬口 チホ
  宮崎県知事挨拶                  宮崎県知事 河野 俊嗣
  古代の日向 ―出土文字資料と文献史料から―  宮崎産業経営大学教授 柴田博子
  日向考  ―地名の神話性と史實性―       國學院大學教授 嵐 義人
○総会  午後4時30分~5時30分
○懇親会  午後6時~午後8時
   【会 場 サンホテルフェニックス国際会議場ホールB】

6月16日(日) 【サンホテルフェニックス国際会議場ホールA】
○研究発表会 6月16日(日)
  午前の部 (午前10時~午後12時10分)
   「佐太大神」考             大阪市立大学大学院生  岡田高志
                  (司会 群馬工業高等専門学校講師 植田 麦)
   倭建命物語における恋物語形成の意義    國學院大學大学院生  小野諒巳
                  (司会 同志社高等学校教諭 藤原享和)
   推古紀と蘇我馬子の上寿歌         中村学園大学准教授  福沢 健
                  (司会 國學院大學兼任講師 多田元)
  午後の部 (午後1時30分 ~午後4時)
   「日向神話」の隼人像~隼人研究の視点から  南さつま市立加世田郷土資料館嘱託学芸員 原口耕一郎
                  (司会 鹿児島工業高等専門学校教授 松田 信彦)
   『古事記』天孫降臨段における動作の主体  國學院大學兼任講師  坂根 誠
                  (司会 早稲田大学非常勤講師 小村宏史)
   『古事記』の借訓字             九州女子大学教授  奥田俊博
                  (司会 上智大学教授 瀬間正之)
  閉会の辞                宮崎県立看護大学 准教授 大館 真晴

6月17・18日(月・火)
○臨地研究「日向神話ゆかりの地をめぐる」
(1日目)午前八時半 宮崎駅集合―都農神社(日向国一之宮)―美々津(神武天皇御船出の伝承地)―天岩戸神社―天安河原―天真名井―荒立神社―高天原遙拝所―高千穂神社―ホテル高千穂(宿)― 高千穂夜神楽観賞 宿泊
(2日目)午前八時 国見ヶ丘―高千穂峡(渓谷散策)―昼食(西都原このはな館)―西都原考古博物館―宮崎神宮―宮崎駅(15時15分頃到着)―宮崎空港(15時半頃到着)
臨地研究の予定は変更されることがあります。予め御諒承ください。

◇大会関係の参加諸経費は下記の通りです。
 ・懇親会費 8,000円   ・昼食代(16日) 1,000円   ・臨地研究費 28,000円(募集人員40名 定員になり次第、締め切ります。)
同封の郵便払込用紙【口座番号「01790―3―73037」加入者名「大館真晴」】に所定金額を御記入の上、5月31日(金)必着でお申し込みください。
◇出張依頼状は下記学会事務局宛に返信用封筒に切手を添付の上、お申し込みください。
◇会場への交通、宿泊案内等は郵送案内の別紙を御参照ください。

     (学会事務局) 〒150―8440 東京都渋谷区東4―10―28
            國學院大學 若木タワー10階1009研究室     電話 03―5466―0212
                          Eメール kojiki@ssml.kokugakuin.ac.jp

     (大会関係問い合わせ先) 〒880―0929 宮崎市まなび野3丁目5番地1 宮崎県立看護大学(大館研究室)
                                   電話0985―59―7746(研究室直通)



5月分科会
○日時 平成25年5月25日(土) 午後2時より
○場所 早稲田大学 戸山キャンパス(文学部) 31号館 01教室 (JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。都電荒川線早稲田駅下車徒歩5分。高田馬場駅より学バス早大正門行きにて「馬場下町」下車。(キャンパスマップ)
◎内容
○『日本書紀』巻六(垂仁)(講読)        東海大学教授 志水 義夫 氏
○『続日本紀』巻十四(講読)          早稲田大学大学院生 川副由理子氏



4月例会
○日時 平成25年4月20日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「懿徳・孝昭・孝安条」(講読)        早稲田大学大学院生  荒川 聡美氏
○「皇后磐之媛の死―日本書紀の手法―」(研究発表)  羽衣国際大学    中川ゆかり氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



3月例会
○日時 平成25年3月23日(土) 午後1時より
○場所 京都大学総合人間学部棟 1号館1102教室 (京都大学吉田キャンパス・吉田南構内 ※正門を入って正面右側キャンパスマップ73の建物です) 京都大学吉田南構内マップ京都大学アクセスマップ

アクセス JR線・近鉄線・地下鉄京都駅から(市バス206系統「東山通 北大路バスターミナル行」京大正門前下車、17系統「河原町通 銀閣寺・錦林車庫行」百万遍下車)  (乗車時間;約35分)    ※タクシー;約20分で料金2.000円前後
阪急河原町駅から(市バス201系統「祇園・百万遍行」京大正門前下車、31系統「東山通 高野・岩倉行」京大正門前下車、17系統「河原町通 銀閣寺・錦林車庫行」百万遍下車、7系統「百万遍・北白川仕伏町行」百万遍下車)   (乗車時間;約25分)
地下鉄烏丸線烏丸今出川駅から(市バス203系統「今出川通 銀閣寺道・錦林車庫行」百万遍下車、201系統「百万遍・祇園行」京大正門前下車)  (乗車時間;約15分)
地下鉄東西線東山三条駅から(市バス206系統「高野・北大路バスターミナル行」京大正門前下車、201系統「百万遍・千本今出川行」京大正門前下車、31系統「東山通 高野・岩倉行」京大正門前下車)  (乗車時間;約20分)
京阪・叡山電鉄出町柳駅から(東へ徒歩20分、または市バス201系統「祇園・みぶ行」京大正門前下車、17系統「銀閣寺・錦林車庫行」百万遍下車)  (乗車時間;約10分)

◎内容
○「仲哀記 気比大神」(講読)      甲南大学非常勤講師   阪口由佳氏
○「記紀における「於(于)」の用法について」(研究発表)      神戸大学大学院生   李 瑩瑩氏
○「古事記における語と表記の選択」(研究発表)      京都大学名誉教授   内田賢徳氏

※3月例会は関西で実施致します。通常とは会場・開始時刻等が異なりますので御注意の上、関西地区に御在住の会員の方はふるってご参加下さい。
※講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。
※終了後、京大正門前カフェレストラン カンフォーラにおきまして、会費5.000円にて懇親会を行います。



12月例会
○日時 平成24年12月22日(土) 午後3時より ※通常とは開始時刻が異なりますので、ご注意下さい。
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「夜刀神神話を読み直す」(研究発表)          学習院大学 赤坂憲雄氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



11月例会
○日時 平成24年11月24日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室 (JR「高田馬場駅」下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「綏靖天皇・安寧天皇条」(講読)       國學院大學大学院生   室屋幸恵氏
○「三嶋本日本書紀の性質」(研究発表)     群馬工業高等専門学校  植田 麦氏



9月例会
○日時 平成24年9月15日(土) 午後2時より
○場所 早稲田大学22号館(早大インターナショナルセンター)203教室
JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。都電荒川線早稲田駅下車徒歩5分。高田馬場駅より学バス早大正門行きにて西早稲田下車徒歩5分。キャンパスマップ
※会場へは、「高田馬場」駅より学バス「早大正門」行に御乗車になり、「西早稲田」で下車、グランド坂右側を早大中央図書館に向かって下っていただくのがわかりやすいかと存じます。22号館は、中央図書館向かいの北門(閉鎖中)を通り過ぎてすぐの茶色い建物です。
◎内容
○「当芸志美美命の反逆(二)」(講読)        上智大学大学院生 大村明広氏
○「天文学者と日本書紀―渋川春海『瓊矛拾遺(とぼこしゅうい)』について―」(研究発表)    東海大学   志水義夫氏


6月大会
◇期日 平成24年6月16日(土)~19日(火)
◇会場 奈良県新公会堂   【〒630-8212 奈良市春日野町101  電話0742-27-2630】 奈良県新公会堂アクセス
※なお、学会に関する問い合わせ等は、かならず古事記学会事務局宛にお願い致します。

◇日程
6月16日(土) 【奈良県新公会堂 能楽ホール】
○公開講演会  午後1時~午後4時
  代表理事挨拶                    代表理事 毛利正守氏
  古事記の文体─変体漢文の見直しを中心にして─    皇學館大学教授・大阪市立大学名誉教授 毛利正守氏
  『古事記』歌謡における人称転換と自敬表現      聖心女子大学名誉教授 山口佳紀氏
  『古事記』成書化の歴史的意義            京都大学名誉教授・島根県立古代出雲歴史博物館名誉館長 上田正昭氏
○総会  午後4時30分~5時30分
○懇 親 会  午後6時~午後8時    【会 場 奈良国立博物館内レストラン ハーフタイム 奈良市登大路町50 電話0742-22-1673】 奈良国立博物館 交通アクセス

6月17日(日) 【奈良県新公会堂 能楽ホール】
○研究発表会
  午前の部 (午前10時 ~ 午後12時10分)
   顕斎についての一考察                國學院大學大学院生 落合敦子氏
   古事記における仁賢天皇の位置づけ          甲南大学非常勤講師 阪口由佳氏
   穂穂手見命はなぜ高千穂の宮で五百八十年過ごすのか  長崎大学教授 勝俣 隆氏
  午後の部 (午後1時30分 ~午後4時30分)
   日本書紀β群と古事記─「天照大神」の偏在について─ 皇學館大学非常勤講師 亀山泰司氏
   『古事記』下巻允恭天皇在世時の記事について     亜細亜大学短期大学部特任講師 伊藤 剣氏
   『釈日本紀』にみる『古事記』の価値         國學院大學兼任講師 渡邉 卓氏
   『古事記』天覧に供されず                        菅野雅雄氏
  閉会の辞                       帝塚山学院大学教授 及川智早氏

6月18日・19日(月・火)
○臨地研究「壬申の乱ゆかりの地をめぐる」
(1日目)午前八時半 奈良商工会議所前付近集合―村屋坐弥冨都比売神社―身狭社(牟佐坐神社)―比蘇寺跡―吉野歴史資料館…宮滝遺跡―大宇陀…大願寺(昼食)…神楽岡神社付近の散策…菟田の吾城/中之庄遺跡(阿騎野人麻呂公園)―奥香落山荘 宿泊
(2日目)午前八時 出発 名張横河―伊賀駅家跡想定地―上野東IC―(名張・東名阪)―四日市IC―海蔵川(迹太川比定地)を渡る―久留倍遺跡(伊勢方面を遠望)―桑名/歌行燈本店(昼食)―桑名郡家跡―不破郡家跡―野上行宮跡付近や桃配山付近を車窓にて―不破関資料館(見学)―関ヶ原IC―(名神)―瀬田東IC―勢田(瀬田の唐橋)―瀬田西IC―(名神)京都東IC―京都駅 午後六時半頃 到着予定

◇同封のハガキは新しい会員名簿作成の資料にしますので、不参加の方も所定事項を記入の上、必ず御投函ください。名簿への登載の諾否の欄を設けましたので、御記入ください(記入のない方、明確な意思表示のない方は、名簿に登載します)。
◇大会関係の参加諸経費は下記の通りです。
同封の郵便払込用紙【口座番号「00140-7-734490」加入者名「古事記学会大会係」】に所定金額を御記入の上、5月31日(木)必着でお申し込みください。
 ・懇親会費  7,000円     ・昼食代(17日)  1,000円     ・臨地研究費  23,000円(募集人員 45名 定員になり次第、締め切ります。)
◇出張依頼状は学会事務局(國學院大學若木タワー10階1009研究室)宛に返信用封筒に切手を添付の上、お申し込みください。
◇会場への交通、宿泊案内等は郵送案内の別紙を御参照ください。

なお、奈良国立博物館では、6月16日(土)から、下記のように古事記学会と奈良国立博物館との共催で特別陳列「古事記の歩んできた道―古事記撰録1300年―」を開催します。
 期間  平成24年6月16日(土)~7月16日(月・祝日)
 主催  奈良国立博物館・古事記学会
 会場  奈良国立博物館 西新館 第1室
 休館日  毎週月曜日(6月18日・25日、7月2日・9日)
 開館時間 午前9時30分~午後5時(毎週金曜日は午後7時まで)
※入館は閉館の30分前までです。



4月例会
○日時 平成24年4月21日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 2号館3階 235教室 (JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線西早稲田駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
※通常とは建物、教室の何れも異なりますので、御注意ください。
◎内容
○「当芸志美美命の反逆(一)」(講読)      早稲田大学大学院生 川副由理子氏
○「倭建命物語における弟橘比賣命の歌と発話」(研究発表)        國學院大學大学院生 小野諒巳氏



3月例会
○日時 平成24年3月24日(土) 午後1時より
○場所 大阪市立大学 杉本キャンパス 全学共通教育棟 1階 816教室 (JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)」駅下車、東へ徒歩約5分)(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車、4号出口より南西へ徒歩約20分)大阪市立大学杉本キャンパス大阪市立大学アクセスマップ
◎内容
○垂仁記 沙本毘売命(講読)         大阪市立大学大学院生 岡田高志氏
○稲荷山古墳出土鉄剣銘文再考(研究発表)      皇學館大学教授 荊木美行氏
○天皇の版図と倭(ヤマト)の神―崇神記を手掛かりに―(研究発表)   同志社大学教授 駒木 敏氏
※なお、講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。
※例会終了後、懇親会を行います。
3月例会は関西で実施致します。日程、会場が通常とは異なりますので御注意の上、特に関西方面に御在住の会員諸氏はふるって御参加下さいますようお願い申し上げます



1月分科会
○日時 平成24年1月28日(土)14時より
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 36号館 581教室(JR山手線高田馬場駅より徒歩20分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩3分)キャンパス交通案内図戸山キャンパス案内図
※会場には、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
○『日本書紀』巻六(垂仁)(講読)  東海大学教授     志水 義夫 氏
○『続日本紀』巻十三(講読)     早稲田大学非常勤講師 小村 宏史 氏



12月例会
○日時 平成23年12月17日(土)午後3時より
○場所 学習院女子大学 2号館3階235教室
※開始時刻が午後3時となっております。建物・教室も、通常とは異なりますので御注意下さい。
◎内容
○「古代の人々の心性と巨樹」(研究発表)  慶應義塾大学教授   三宅和朗氏



11月例会
○日時 平成23年11月26日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 2号館2階223教室 (JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線西早稲田駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス学習院女子大学下車。) 学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
※日にちが普段の第三週ではなく、一週後にずれております。
※建物・教室の何れも、通常とは異なりますので御注意下さい。
◎内容
○「神武記 皇后選定」(講読)                    國學院大學兼任講師  坂根 誠氏
○「古代音讀における連濁―《?》との連接を中心に―」(研究発表)     國學院大學教授  嵐 義人氏  ※発表題目の《 》内は、「n」と「g」と繋げたガ行鼻音の発音記号です。



9月例会
○日時 平成23年9月17日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階第一集会室 (JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線西早稲田駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス学習院女子大学下車。)
◎内容
○「神武東征(九)」(講読)                   大妻女子大学     倉住 薫氏
○「百枝槻の神話歌―雄略記三重の采女の歌から―」(研究発表)   國學院大學大学院生  渡邊 明子氏



7月分科会
○日時 平成23年7月30日(土)14時から
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 36号館 681教室(JR山手線高田馬場駅より徒歩20分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩3分) キャンパス交通案内図戸山キャンパス案内図
※会場には、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
○『日本書紀』巻六(垂仁)(講読)  東海大学教授     志水義夫氏
○『続日本紀』巻十二(講読)     國學院大學兼任講師  舟木勇治氏

本年度も2~3回程度の開催を予定しております。
詳細につきましては、分科会担当理事(加藤・志水・渡辺・小村)までお問い合わせ下さい。



6月大会
◇期日 平成23年6月18日(土)~20日(月)
◇会場 高岡市生涯学習センター 4Fホール(JR高岡駅前すぐ 高岡市生涯学習ひろば(高岡市生涯学習センター) (交通案内
               【〒933-0023 高岡市末広町1-7  電話0766-20-1800】
※なお、学会に関する問い合わせ等は、かならず高岡市万葉歴史館(交通・地図)にお願いします。
               【〒933-0116 高岡市伏木一宮1-11-11  電話0766-44-5511】

◇日程
6月18日(土)
○公開講演会  午後1時~午後4時        【高岡市生涯学習センター 4Fホール】
  代表理事挨拶                     代表理事 毛利正守氏
  挨    拶                     高岡市長 髙橋正樹氏
  『古事記』の書名と三巻構成の意味するもの―古代史像構築のための一提案―   堺女子短期大学名誉学長 塚口義信氏
  高志国の成立と展開       富山国際大学現代社会学部客員教授 藤井一二氏
○総会・奨励賞授与式   午後4時~5時
○懇親会  午後6時~午後8時         【会場 ホテルニューオータニ高岡 4F「鳳凰の間」】

6月19日(日)               【高岡市生涯学習センター 4Fホール】
○研究発表会 午前10時~午後4時30分
  午前の部 (午前10時~午後12時10分)
   『古事記』豊玉毘売と火遠理命の贈答歌について  東京大学大学院生 馬場小百合氏
   建御雷之男神の機能           鹿児島工業高等専門学校講師 田中智樹氏
   大国主神の「亦名」記載の意義           國學院大學准教授 谷口雅博氏
 〔昼食 午後12時10分~午後1時30分〕
  午後の部 (午後1時30分~午後4時30分)
   『日本書紀』崇神紀が語る祭祀の「歴史」―『漢書』成帝紀との比較から―     白百合女子大学非常勤講師 山田 純氏
   古事記「凶醜」の訓み           愛知県立大学非常勤講師 大脇由紀子氏
   タケミカヅチと藤原氏             早稲田大学非常勤講師 工藤 浩氏
   郡郷里名二字表記化の方法について       群馬県立女子大学教授 北川和秀氏
  閉会の辞                       國學院大學教授 嵐 義人氏

6月20日(月)
○臨地研究
高岡駅南口(8時集合・8時10分出発)―荊波神社(高岡市和田)―東木津遺跡―高岡IC―(能越自動車道)―氷見IC―伝小窪廃寺跡(氷見市小窪)―小久米神社(氷見市小久米)―散田金谷古墳(羽咋郡宝達志水町散田)―志乎神社(羽咋郡宝達志水町荻島)―(千里浜なぎさドライブウェイ)―大伴家持歌碑(羽咋郡宝達志水町出浜・羽咋市千里浜町)―羽咋神社(羽咋市川原町)―唐戸山相撲場(羽咋市南中央町)―羽咋高校折口信夫揮毫校歌碑(羽咋市柳橋町)―羽咋市歴史民俗資料館(羽咋市鶴多町)―吉崎・次場弥生公園(羽咋市吉崎)―寺家遺跡(羽咋市寺家町)―折口博士父子の墓・岡野弘彦歌碑(羽咋市寺家町)―気多大社・折口信夫父子の歌碑(羽咋市寺家町)―昼食(料理旅館かわら、羽咋市島出町上)―宿那彦神像神社・能登生国玉比古神社(鹿島郡中能登町金丸)―雨の宮能登王墓の館・天日陰比咩神社(鹿島郡中能登町能登部上)―親王塚(鹿島郡中能登町小田中)―久★比古神社(鹿島郡中能登町久江)―院内勅使塚古墳・久志伊奈太伎比咩神社(鹿島郡中能登町徳田)―高岡市万葉歴史館(高岡市伏木一宮)―高岡駅解散(18時頃) (★印は底から「まだれ」を取り除いた字)

◇郵送の案内に同封のハガキは新しい会員名簿作成の資料にしますので、不参加の方も所定事項を記入の上、必ず御投函ください。名簿への登載の諾否の欄を設けましたので、御記入ください(記入のない方、明確な意思表示のない方は、名簿に登載します)。

◇大会関係の参加諸経費は次の通りです。
 ○懇親会費  8,000円   ○昼食代(19日)  1,000円    ○臨地研究参加費   6,000円(募集人員 30名 定員になり次第、締め切ります。)
同封の郵便払込用紙【口座番号・00730―1―37924 加入者名・高岡市万葉歴史館】に所定金額を御記入の上、6月6日(月)必着でお申し込みください。

◇会場はJR高岡駅前にありますので、若干ではありますが、周辺に昼食をとれる場所があります。
◇出張依頼状は学会事務局(國學院大學若木タワー10階1009(谷口)研究室)宛に返信用封筒に切手を添付の上、お申し込みください。
◇会場への交通、宿泊案内等は郵送の案内の別紙等を御参照ください。



4月例会
○日時 平成23年4月16日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階第一集会室
(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線西早稲田駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。) 学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「神武東征(八)」(講読)       國學院大學大学院生   小野諒巳氏
○「須佐之男命の「啼」に関する一考察―『古事記』における秩序と言葉―」(研究発表)       フェリス女学院大学准教授   松田 浩氏
※このたびの地震に伴う、電力・交通等の事情で実施ができなくなる場合も考えられます。事前に中止が決まりましたら、ホームページでお知らせ致しますが、中止の御連絡ができないことも想定されます。恐れ入りますが、自己責任で御判断の上、お気をつけて御参加下さい

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



3月例会
○日時 平成23年3月12日(土)14時より
○場所 帝塚山学院大学狭山キャンパス(リベラルアーツ学部)E棟2F 200教室 (南海電鉄高野線金剛駅下車、改札右西側バスロータリー4番のりばから南海バス〔50系統泉が丘コミュニティーバス〕10分帝塚山学院大学前下車、左に歩き10メートル先を右折して登る)  アクセスキャンパスマップ
◎内容
○「『古事記』中巻 応神天皇 <髪長比売の条>」(講読)       羽衣国際大学教授   中川ゆかり氏
○「仲哀記「是以知坐腹中國也」の訓読と解釈」(研究発表)       皇學館大學大学院生   杉村敬子氏
なお、講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。
※例会終了後、懇親会を行います。

3月例会は関西で実施致します。日程、会場が通常とは異なりますので御注意の上、特に関西方面に御在住の会員諸氏はふるって御参加下さいますようお願い申し上げます。


1月分科会
○日時 平成23年1月29日(土)14時より
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 32号館 325教室(JR山手線高田馬場駅より徒歩20分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩3分) キャンパス交通案内図戸山キャンパス案内図
※会場には、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
○『日本書紀』巻六(垂仁)(講読)       東海大学教授   志水義夫 氏
○『続日本紀』巻十二(講読)       國學院大學PD研究員   舟木勇治 氏



12月例会
○日時 平成22年12月18日(土) 15時より
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 36号館581教室 ※会場には、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
※会場が学習院女子大学ではありませんのでご注意下さい。
※開始時間も、普段と異なりますので御注意ください。
◎内容
○「〈毛皮〉よりみる種間倫理―東アジアにおける神話の一祖型―」(研究発表)       上智大学専任講師   北條勝貴氏



11月例会
○日時 平成22年11月20日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 2号館4階 241教室
(JR「高田馬場」駅下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。) 学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
※通常とは建物、教室の何れも異なりますので、御注意ください。
◎内容
○「神武東征(七)」 (講読)       上智大学大学院生   葛西太一氏
○「天つ神祭祀と国つ神祭祀―ハツクニシラススメラミコトの御世―」(研究発表)       元駒澤大学講師   川上順子氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



9月例会
○日時 平成22年9月18日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 2号館 223教室
(JR「高田馬場」駅下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス「学習院女子大学」下車。) 学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
※通常とは建物、教室の何れも異なりますので、御注意ください。
◎内容
○「神武東征(六)」 (講読)       國學院大學大学院生   吉岡賢康氏
○「マドコオフスマ考」(研究発表)       早稲田大学非常勤講師   工藤 浩氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください



7月分科会
○日時 平成22年7月31日(土)14時から
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 32号館 225教室(JR山手線高田馬場駅より徒歩20分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩3分)  ◎内容
○『日本書紀』巻六(垂仁) (講読)       東海大学教授   志水義夫氏
○『続日本紀』巻十二 (講読)       國學院大學PD研究員   舟木勇治氏

本年度も3回程度の開催を予定しております。詳細につきましては、分科会担当理事(志水・渡辺・小村)までお問い合わせ下さい。



6月大会
◇期日 平成22年6月19日(土)~21日(月)
◇会場 皇學館大学 〒516-8555 伊勢市神田久志本町1704 皇學館大学  伊勢学舎 (皇學館大学アクセスマップ
                  (大会問い合わせ先)    皇學館大学文学部国文学科研究室
                                  ℡0596-22-6457
                                           大島信生氏
                                           齋藤 平氏

◇日程
6月19日(土)
○公開講演会 午後1時~午後4時     皇學館大学 伊勢学舎 百周年記念講堂
  代表理事挨拶                    代表理事 毛利正守氏
  挨    拶          皇學館大学教育開発センター長 深津睦夫氏
  実事求是―本居宣長の注釈学―         皇學館大学教授 橋本雅之氏
  古代の「音」と「言」           東京大学大学院教授 多田一臣氏
○総会・奨励賞授与式  午後4時~午後5時
○懇親会        午後6時~午後8時       会場 伊勢シティホテル

6月20日(日)
○研究発表会 午前10時~午後4時30分  皇學館大学 伊勢学舎 2号館231教室
  午前の部
   天若日子神話における「射日」要素について               長崎大学大学院生  賀  南氏
   古事記における須賀宮造営記事について                 早稲田大学大学院生 赤塚 史氏
   「詔別」後のスサノヲの発言をめぐって―「得手弱女」と「自我勝」―   武蔵大学非常勤講師 福田武史氏
 〔昼食 午後12時10分~午後1時30分〕
  午後の部
   「天之神庫」考                       皇學館大学神道研究所研究嘱託 松下洋子氏
   『日本書紀』上毛野氏記事の性格―仁徳天皇条を中心に―          東京理科大学助教 小林真美氏
   神武天皇降臨伝承―「天降」という記述―                國學院大學兼任講師 多田 元氏
   削偽定実考                                        菅野雅雄氏
  閉会の辞                   皇學館大学教授 大島信生

6月21日(月)
○臨地研究
 ・集合場所 宇治山田駅前(三重交通CANばすのりば)
 ・集合時刻 午前8時
 ・行程
宇治山田駅―伊勢西IC―伊勢自動車道―安濃SA(休憩)―関IC―忍山神社(車窓)―亀山市歴史博物館―能褒野神社・能褒野王塚古墳―長瀬神社・武備塚古墳―椿大神社(昼食・椿会館)―加佐登神社・白鳥塚古墳―杖衝坂―鈴鹿市考古博物館―白子駅(第一次解散・午後4時頃)―宇治山田駅(最終解散・午後6時頃)
 ・募集人員 40名
*天候・道路事情等によりコースを変更することがあります。また、解散時刻も遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。
*臨地研究に参加ご希望の方は、あらかじめお申し込みください。定員になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。

◇郵送の案内に同封のハガキは新しい会員名簿作成の資料にしますので、不参加の方も所定事項を記入の上、必ず御投函ください。名簿への登載の諾否の欄を設けましたので、御記入ください(記入のない方、明確な意思表示のない方は、名簿に登載します)。

◇大会関係の参加諸経費は下記の通りです。
 ○懇親会費  7,500円   ○昼食代(20日)  1,000円    ○臨地研究参加費   8,000円
 郵送の案内に同封の郵便払込用紙【振込口座番号「00800-6-70919」加入者名「学会全国大会(伊勢)」】に所定金額を御記入の上、5月31日(月)必着でお申し込みください。

◇近くに昼食をとれる場所がありませんので、必要な方は必ずお弁当を御注文ください。
◇出張依頼状は学会事務局(國學院大學若木タワー十六階嵐義人研究室)宛に返信用封筒に切手を添付の上、お申し込みください。
◇会場への交通、宿泊案内等は郵送の別紙案内を御参照ください。



4月例会
○日時 平成22年4月24日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 2号館 235教室
(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線西早稲田駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
※通常とは建物、教室の何れも異なりますので、御注意ください。
◎内容
○「神武東征(五)」(講読)       日本大学准教授   清水明美氏
○「歌と伝承の形成」(研究発表)       早稲田大学非常勤講師   松本弘毅氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



3月例会
○日時 平成22年3月22日(月・振替休日)13時より
○場所 武庫川女子大学 文学部(中央キャンパス)  日下記念マルチメディア館(MM館)506号室(阪神電鉄鳴尾駅下車徒歩10分)  武庫川女子大学交通アクセス武庫川女子大学キャンパスマップ
◎内容
○「垂仁記 多遅摩毛理」 (講読)       大阪市立大学都市文化研究センター研究員   根来麻子氏
○「『日本書紀』分注の諸問題」       京都精華大学専任講師   是澤範三氏
○「『古事記』の〈添え字〉」       九州女子大学教授   奥田俊博氏
なお、講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。

※例会終了後、懇親会を行います。

3月例会は関西で実施致します。日程、開始時刻、会場が通常とは異なりますので御注意の上、特に関西方面に御在住の会員諸氏はふるって御参加下さいますようお願い申し上げます。



1月分科会
○日時 平成22年1月30日(土) 14時より
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 32号館02教室  (JR山手線高田馬場駅より徒歩20分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩3分) キャンパス交通案内図戸山キャンパス案内図
※会場には、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
※前回(昨年7月)の分科会と同じキャンパスですが、建物が異なります。
◎内容
○『日本書紀』巻五(崇神) (講読)       白百合女子大学非常勤講師   山田 純氏
○『続日本紀』巻十二 (講読)       國學院大學PD研究員   舟木勇治氏



12月例会
○日時 平成21年12月19日(土)午後3時より
○場所 学習院女子大学 2号館 223教室  (JR「高田馬場」駅下車徒歩15分。地下鉄東西線「早稲田」駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線「西早稲田」駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。) 学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
    ※通常とは、開始時刻、建物、教室の何れも異なりますので、御注意下さい。
◎内容
○「記序に見られる天武朝の古事記編纂事情について――理官を中心に――」(研究発表)       愛知教育大学・岐阜女子大学名誉教授   吉田義孝氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



11月例会
○日時 平成21年11月21日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線西早稲田駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。) 学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「神武東征(4)」 (講読)       國學院大學大学院生   坂根 誠氏
○「神代紀の構造についての試論」(研究発表)       早稲田大学   松本直樹氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。
当日、学内で入試を実施しておりますので、御承知おきください。



9月例会
○日時 平成21年9月26日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 (JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。地下鉄副都心線西早稲田駅下車徒歩1分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。) 学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
◎内容
○「神武東征(三)」 (講読)       専修大学大学院生   飛内 紳氏
○「埴生坂考―履中天皇はなぜここで振り返ったか―」(研究発表)       聖学院大学   渡邊正人氏



7月分科会
○日時 平成21年7月18日(土)14時より
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 33-2号館 2階 第2会議室  (JR山手線高田馬場駅より徒歩20分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩3分) キャンパス交通案内図戸山キャンパス案内図
※会場には、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
○『日本書紀』巻五(崇神) (講読)        白百合女子大学非常勤講師   山田 純氏
○『続日本紀』巻十一 (講読)        國學院大學兼任講師   城﨑陽子氏

本年度も3回程度の開催を予定しております。詳細につきましては、分科会担当理事(志水・渡邊・小村)までお問い合わせ下さい。



5月上代文学会・古事記学会合同大会
◇期日  平成21年5月23日(土)・24日(日)
◇会場  國學院大學 渋谷キャンパス(國學院大学キャンパス案内)
               〒150-8440  東京都渋谷区東4-10-28
                電話 03-5466-0211(辰巳正明研究室)
・渋谷駅(JR山手線・地下鉄・京王井の頭線・東急各線)から徒歩約13分・(JR埼京線)新南口から徒歩約10分
・都営バス(渋谷駅東口バスターミナル54番のりば学03日赤医療センター行) 「国学院大学前」下車(運賃170円)

◇日程
23日(土)國學院大學渋谷キャンパス百二十周年記念二号館1階2104教室
  ○開会挨拶(午後2時~午後2時10分)
    学会挨拶                 上代文学会代表理事 内藤 明氏
    会場校挨拶                 國學院大學学長 安蘇谷正彦氏
  ○研究発表会(午後2時10分~午後5時10分)
    中国貴州省南部?族の祭祀と祭詞―薩歳の祭り調査報告―  立正中学校・高等学校非常勤講師 舟木勇治氏
                       (司会 共立女子大学専任講師 遠藤耕太郞氏)
    『古事記』に見る老人像  台湾国立政治大学助理教授  鄭家瑜氏
                       (司会 國學院大學兼任講師 小林真美氏)
    万葉宮廷歌人田辺福麻呂の行路死人歌論  山梨学院大学准教授 塩沢一平氏
                       (司会 日本大学教授 梶川信行氏)
    『延暦僧録』と大安寺文化圏  大東文化大学教授 藏中しのぶ氏
                       (司会 青山学院大学教授 小川靖彦氏)
  ○学会賞授賞式 午後5時10分~午後5時20分
    上代文学会賞授賞式
    古事記学会奨励賞授賞式
  ○上代文学会理事会・総会(同時開催)(午後5時20分~午後5時50分)
  ○懇親会(午後6時~午後8時)
    会場 國學院大學渋谷キャンパス若木タワー十八階 有栖川宮記念ホール
    会費 7000円

24日(日)國學院大學渋谷キャンパス学術メディアセンター一階 常磐松ホール
  ○研究発表会(午前10時~午後4時30分)
   《午前の部》
    万葉歌の黄葉・花の散るのを惜しむ表現  武庫川女子大学非常勤講師 青野美幸氏
                       (司会 フェリス女学院大学准教授 松田 浩氏)
    『古事記』中巻における垂仁記  愛知淑徳大学助教 中野謙一氏
                       (司会 日本大学非常勤講師 加藤 清氏)
    17世紀中期における風土記受容―下河辺長流を中心として―  東京経済大学専任講師 兼岡理恵氏
                       (司会 早稲田大学教授 松本直樹氏)
   《昼食》
  ○古事記学会総会(昼食休憩時・若木タワー地下一階02会議室)
   《午後の部》     譬喩と問答―巻11・12の編纂―  國學院大學兼任講師 城﨑陽子手
                       (司会 近畿大学教授 村瀬憲夫氏)
    「心ぐく」― 坂上大嬢詠の方法 ―  実践女子大学教授 池田三枝子氏
                       (司会 奈良大学教授 上野 誠氏)
    近年出土の歌木簡と人麻呂歌集の書記を中心に  武庫川女子大学教授 毛利正守氏
                       (司会 専修大学教授 西條 勉氏)
    あさかやま歌木簡の出土状況と再発見の経緯(付)「歌一首」墨書土器  大阪市立大学教授 栄原永遠男氏
                       (司会 皇學館大學教授 橋本雅之氏)
  ○閉会挨拶(午後4時30分~午後4時40分)  古事記学会代表理事 毛利正守氏

◇資料展示
  「國學院大學所蔵古典籍展―上代文学への誘い―」  共催 國學院大學伝統文化リサーチセンター
    会場 伝統文化リサーチセンター資料館(國學院大学渋谷キャンパス 学術メディアセンター地下一階)
    日時 5月23日(土)・24日(日) 午前10時~午後6時

☆返信用ハガキについて
・大会参加の申し込みは、同封のハガキ(國學院大學 辰巳正明研究室宛)に必要事項を記入して、4月25日(土)までに必ず届くようにお送りください。
☆費用について
・費用(研究発表資料集代〔1000円〕、懇親会費〔7000円〕、24日(日)昼食代〔1000〕円)は、同封の振替用紙を使用し、郵便振替で口座名「上代文学会・古事記学会合同大会」(口座番号00200-4-115802)宛に、4月25日(土)までに振り込んでください。
☆昼食について
・24日(日)の昼食が必要な方は、必ず事前にお申し込みの上、1000円を御入金ください。
・会場周辺には、日曜日営業のコンビニはありますが、大型の店舗はございません。
☆宿泊・交通について
・各自でお申し込みください。
☆出張依頼状について
・出張依頼状は、各学会事務局に、提出先と職名を明記の上、返信用封筒に80円切手を貼ってお申し込みください。
   ※上代文学会事務局 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-16-1
               早稲田大学社会科学総合学術院 内藤明研究室
               電話03-5286-1415
   ※古事記学会事務局 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
               國學院大學 若木タワー一六階 嵐義人研究室
               電話03-5466-0203
               Eメール kojiki@ssml.kokugakuin.ac.jp
☆大会に関する問い合わせ
               〒150-8440  東京都渋谷区東4-10-28
               國學院大學 若木タワー10階 辰巳正明研究室
               電話 03-5466-0211
               Eメール chensi@kokugakuin.ac.jp
注 舟木氏発表題名中「?」字は人べんに旁「同」字です。



4月例会
○日時 平成21年4月18日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 
◎内容
○「神武東征(二)」(講読)       白百合女子大学非常勤講師   山田 純 氏
○「二人の御子」(研究発表)       実践女子大学助教   植田 麦 氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



3月例会
○日時 平成21年3月22日(日)13時から
○場所 武庫川女子大学 文学部(中央キャンパス)  日下記念マルチメディア館(MM館)506号室(阪神電鉄鳴尾駅下車徒歩10分)  武庫川女子大学交通アクセス武庫川女子大学キャンパスマップ
◎内容
○「安康記 市之辺忍歯王の難」(講読)       奈良文化財研究所特別研究員   井上 幸氏
○「筑後国風土記逸文生葉郡にみる地名起源説話の特徴」       万葉古代学研究所主任研究員   大館真晴氏
○「『古事記』29番歌考」       同志社高等学校   藤原享和氏

なお、講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。

※例会終了後、懇親会を行います。
3月例会は関西で実施致します。
日程、開始時刻、会場が通常とは異なりますので御注意の上、特に関西方面に御在住の会員諸氏はふるって御参加下さいますようお願い申し上げます。



1月分科会
○日時 平成21年1月24日(土)14時から
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 33-2号館(仮設校舎) 2階 第二会議室 (JR山手線高田馬場駅より徒歩二〇分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩三分) キャンパス交通案内図戸山キャンパス案内図
※会場には、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
○『日本書紀』巻五(崇神) (講読)       白百合女子大学非常勤講師   山田 純氏
○『続日本紀』巻十一  (講読)       國學院大學兼任講師   城﨑陽子氏

新年度も3回程度の開催を予定しております。詳細につきましては、分科会担当理事(志水・渡邊・小村)までお問い合わせ下さい。



12月例会
○日時 平成20年12月20日(土)午後3時より
○場所 学習院女子大学 2号館2階223教室学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
    ※通常とは開始時間と建物が異なりますので御注意下さい。
◎内容 ○「「高い」ということ―雑談風に―」(研究発表)       菅野 雅雄氏

〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



11月例会
○日時 平成20年11月22日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室
◎内容
○「神武東征(一)」(講読)       國學院大學兼任講師   山﨑かおり氏
○「クシナダヒメの性格―「於湯津爪櫛取成其童女而」の文脈を中心に―」(研究発表)       國學院大學大学院   岡田裕香氏



9月例会
○日時 平成20年9月20日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室
◎内容
○「鵜葺草葺不合命(二)」(講読)       二松学舎大学大学院   土門啓昭氏
○「『古事記』黄泉国における殿の中の伊耶那美」(研究発表)       國學院大學大学院   加藤紗弥香氏



6月大会
◇期日 平成20年6月21日(土)~24日(火)
◇会場 神戸女子大学神戸女子大学交通アクセス) 〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2―1
                   ℡078-731-4416(代表)
                   ℡078-737-2465(鈴鹿研究室直通)

◇日程
6月21日(土)
○公開講演会 午後1時15分~午後4時15分
                 神戸女子大学 須磨キャンパス M317教室
    代表理事挨拶                    代表理事 菅野 雅雄氏
    挨拶                    神戸女子大学学長 波田 重熙氏
    国譲り神話の意味                滝川高校教諭 熊谷 保孝氏
    韻文の表現と散文の表現            学習院大学教授 佐佐木 隆氏
○総会 午後4時15分~5時15分
○古事記学会奨励賞授与式 午後5時15分~5時30分
○懇親会 午後六時~午後八時   会場 神仙閣(℡078-331-1263 送迎バスあり)

6月22日(日)
○研究発表会 神戸女子大学 ポートアイランドキャンパス D501教室
午前の部(午前9時30分~12時30分)
    神武即位における「天神御子之命以」の意義  國學院大學大学院 坂根 誠氏
    『古事記』冒頭の「隠身」する神について―韓国・蒙古・満州神話との比較を通じて―  京都大学大学院 黄 明月氏
    倭建命の東征―火難・水難伝承をめぐって―  早稲田大学非常勤講師 小村宏史氏
      昼食(12時~1時30分)
午後の部(午後1時30分~5時)
    宣命冒頭表現におけるオオヤシマグニの意義 大阪市立大学大学院 根来麻子氏
    『古事記』中・下巻におけるアマテラスの祭祀―斎宮祭祀の記事を中心に―  佐沼高等学校教諭 山上 直氏
    御食の魚―太安万侶と古事記のよみ―   東海大学准教授 志水義夫氏
    野見宿禰の埴輪創出伝承  同志社女子大学教授 寺川真知夫氏
    閉会の辞                 武庫川女子大学教授 毛利正守氏

6月23日(月)~24日(火)
○臨地研究
23日 午前9時三宮集合→五色塚古墳(神戸市垂水区)→明石大橋→野島海人遺跡→淡路国一宮伊弉諾神宮→(昼食)→淡路御井宮(産宮神社)→淡路国二宮大和大国魂神社(古印拝観)→おのころ島神社(おのころ島・天浮橋・葦原国伝承地 他)→福良泊。
24日 淳仁天皇陵→御井清水(仁徳天皇枯野伝承地)→淡路国三宮伊勢久留麻神社→(昼食)→新神戸駅(午後4時予定)→三宮駅→神戸空港(午後4時30分予定)
◇研究発表会は近くに昼食をとれる場所がありませんので、御注意ください。



5月分科会
○日時 平成20年5月31日(日)午後2時から ○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 39号館5階 第5会議室 (JR山手線高田馬場駅より徒歩二〇分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩三分) キャンパス交通案内図戸山キャンパス案内図
※会場には、早稲田大学文学部正門脇の案内板、あるいは、大学ホームページのキャンパスマップなど御参照の上、御来場下さい。
◎内容
○『日本書紀』巻五(崇神) (講読)       明治大学(院)   山田 純氏
○『続日本紀』巻十 (講読)       日本大学   加藤 清氏
本年度も3回程度の開催を予定しております。詳細につきましては、分科会担当理事(渡邊・小村・松本)までお問い合わせ下さい。新たに御参加を希望される方は、分科会担当理事まで御一報ください。分科会の御案内が必要な方もお知らせくださいますようお願いいたします(分科会の御案内はお申し出があった方のみお送りしています)。



4月例会
○日時 平成20年4月19日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室 (JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス

◎内容
○「鵜葺草葺不合命(一)」(講読)       早稲田大学大学院   赤塚 史氏
○「壬申紀批判のために」(研究発表)       専修大学   西條 勉氏
〈会場校からのお願い〉
御来場の際には、門衛所で氏名等を御記入の上、入構証をお受け取りください。



3月例会
○日時 平成20年3月23日(日)13時から
○場所 武庫川女子大学 文学部(中央キャンパス)  日下記念マルチメディア館(MM館)506号室(阪神電鉄鳴尾駅下車徒歩10分)  武庫川女子大学交通アクセス武庫川女子大学キャンパスマップ
◎内容
○「古事記中巻 ホムチワケの御子」(講読)       関西大学・大阪大谷大学非常勤講師   植田 麦氏
○「古事記の『師木』と『志幾』について ―結節点としてのヤマトタケル―」(研究発表)       武庫川女子大学大学院生 亀山泰司氏
○「日本書紀古訓における母親を表す語彙に関して」(研究発表)       大阪大学大学院生   金 紋敬氏
※終了後、懇親会を行ないます。

昨年に引き続き、関西例会の実施に向け試験的に上記会場で開催致します。
日程、開始時刻、会場が通常とは異なりますので御注意の上、特に関西方面に御在住の会員諸氏は、ふるって御参加下さいますようお願い申し上げます。

なお、講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。

古事記学会では、古事記学会奨励賞の対象者の推薦をお願いしております。3月末までです。詳細は『古事記年報』を御覧下さい。



12月例会
○日時 平成19年12月22日(土)午後3時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室
○内容
◎アマテラスの影(研究発表)       東京大学   多田一臣氏
 ※今月は、都合により第4週となります。また、開始時刻も通常とは異なりますのでご注意下さい。

〈会場校からのお願い〉
御来場になりましたら、門衛所で古事記学会への参加であることを告げて、氏名の記入等、門衛の指示に従ってください。また、なるべく本人確認のできるものをお持ちいただければ幸いです。
いささか煩わしいこともあろうかと思いますが、中・高を含め女子の学校のキャンパスであることなど御拝察いただいて、御協力下さいますようお願い申し上げます。



11月例会
○日時 平成19年11月24日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階第一集会室
○内容
◎海幸彦の服従(二)(講読)       國學院大學大学院生   舟木勇治氏
◎宇遅能和紀郎子と蟹の歌(研究発表)       埼玉大学大学院生   井上隼人氏



10月分科会
○日時 平成19年10月27日(土)午後2時より
○場所 早稲田大学戸山キャンパス(文学部) 39号館5階第6会議室 
○内容
◎『日本書紀』巻五(崇神)講読       明治大学助手   山田 純氏
◎『続日本紀』巻十講読        日本大学   加藤 清氏



9月例会
○日時 平成19年9月29日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階第一集会室 (JR高田馬場駅下車徒歩十五分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩十分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
◎海幸彦の服従(一)(講読)        國學院大學    青木周平氏
◎『出雲国風土記』の神話表現の方法(研究発表)       早稲田大学大学院生   原田雅子氏

〈会場校からのお願い〉
御来場になりましたら、門衛所で古事記学会への参加であることを告げて、氏名の記入等、門衛の指示に従ってください。 また、なるべく本人確認のできるものをお持ちいただければ幸いです。
いささか煩わしいこともあろうかと思いますが、中・高を含め女子の学校のキャンパスであることなど御拝察いただいて、御協力下さいますようお願い申し上げます。



7月分科会
○日時 平成19年7月21日(土)午後2時より
○場所 早稲田大学文学部 39号館6階第7会議室 (JR山手線高田馬場駅より学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩3分) キャンパス交通案内図戸山キャンパス案内図
○内容
◎日本書紀(巻四)講読―孝元・開化を中心に―       鹿児島工業高等専門学校  松田信彦氏
◎続日本紀(巻十)講読       日本大学   加藤 清氏



大会
◇期日  平成19年6月16日(土)、17日(日)
◇会場  専修大学神田校舎 (専修大学案内図専修大学神田校舎キャンパスマップ
 〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3―8
 ℡044-911-1080(西條研究室直通)
 メール saijo@muf.biglobe.ne.jp

◇日程
6月16日(土)
○公開講演会 午後1時15分~午後4時15分 1号館3階302教室
代表理事挨拶                     代表理事 菅野雅雄氏
挨拶                     専修大学文学部長 矢野建一氏
古事記の歌の位相―歌と叙事と散文のあいだ―  明治大学教授 居駒永幸氏
日本古代王権と婚姻                専修大学教授 荒木敏夫氏
○総会 午後4時15分~5時15分
○古事記学会奨励賞授与式 午後5時15分~午後5時30分
○懇親会 午後6時~午後8時  会場 ホテルグランドパレス 2階チェリールーム

6月17日(日)
○研究発表会 1号館3階301教室
午前の部(午前10時~12時15分)
古事記における世界間移動      専修大学大学院  飛内 紳氏
古事記における「祓」の意識      星城大学講師  大脇由紀子氏
迦毛大御神アヂスキタカヒコネについて      早稲田大学准教授  松本直樹氏
昼食(12時15分~午後1時30分)
午後の部(午後1時30分~5時)
荷田春満の『日本書紀』研究とト部家との関わり      國學院大學大学院  渡邉 卓氏
出雲国風土記と産物      島根大学外国人研究員  カールキビスト・アンデス氏
『古事記』における皇位継承の論理―袁祁命の問題を中心に―      愛知淑徳大学助教  中野謙一氏
古事記の雄略天皇―即位後の記事について―      京都産業大学名誉教授  金井清一氏
○閉会の辞               武庫川女子大学  毛利正守氏

◇郵送した御案内に同封のハガキでお申し込みください。不参加の方も所定事項を記入の上、必ず御投函く ださい。名簿への掲載の諾否の欄も御記入ください(記入のない方、明確な意思表示の ない方は、名簿に掲載します)。
また、会則変更に伴い、古事記学会会員登録書の提出 をお願いしておりますが、まだ御提出をいただいていない方は至急御提出ください。
◇大会関係の参加諸経費は懇親会費7000円、昼食代(6月17日)1000円です。郵送した御案内に同封の郵便振替払込票(振替口座00210-6-80693古事記学会専修)に所定金額を御記入の上、5月21日(月)必着でお申し込み下さい。(払込通知票が大会開催担当校の事務局に届くのに1週間ほどかかります)
◇近くに日曜日に昼食をとれる場所が少ないので、必要な方は必ずお弁当を御注文下さい。
◇出張依頼状は学会事務局(東京理科大学 理学部第二部教養 齊藤研究室)宛に返信用封筒に切手を添付の上、お申し込み下さい。
◇宿泊等は特に御案内しませんが、早めに御手配ください。
◇事前の大会校への御連絡は、〒214―8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2―1―1 専修大学6号館A48(西條研究室) 電話(〇四四)九一一ー一〇八〇(西條研究室直通) メール saijo@muf.biglobe.ne.jp にお願いいたします。



4月例会
○日時 平成19年4月21日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 2号館2階223教室
(JR高田馬場駅下車徒歩十五分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩十分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
◎「海神宮訪問(二)」(講読)       湘南短期大学   寺田恵子氏
◎「『記』大長谷王と目弱王の相互関係をめぐって」(研究発表)       板垣 徹氏



3月例会
○日時 平成19年3月25日(日)13時より
○場所 大阪市立大学 杉本キャンパス法学部棟11階 特別会議室(JR阪和線「杉本町」下車徒歩5分。) 大阪市立大学交通案内図大阪市立大学構内案内図(キャンパスマップ)
○内容
◎「海幸・山幸譚(冒頭部分)」(講読)       羽衣国際大学教授   中川ゆかり氏
◎「日本書紀の分注」(研究発表)       大阪市立大学大学院生   植田 麦氏
◎「未遂の恋の物語歌 -記紀万葉の相関」(研究発表)       佛教大学教授   榎本福寿氏

終了後、懇親会を行います。

昨年に引き続き、関西例会の実施に向け試験的に上記会場で開催致します。日程、開始時刻、会場が通常とは異なりますので御注意の上、特に関西方面に御在住の会員諸氏は、ふるって御参加下さいますようお願い申し上げます。
なお、講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。

古事記学会では、古事記学会奨励賞の対象者の推薦をお願いしております。3月末までです。詳細は『古事記年報』を御覧下さい。
また、古事記学会会員登録書の送付をいただいていない方は、至急お送り下さいますようお願い申し上げます。全員の方にお願いしております。会員登録書の返送用封筒に返信用切手が入っています。御利用下さい。



1月分科会
○日時 平成19年1月27日(土)14時より
○場所 早稲田大学文学部 34号館3階355教室
(JR山手線高田馬場駅より徒歩20分、学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩5分)
○内容
◎日本書紀(巻四)講読―孝安・孝霊を中心に―       鹿児島工業高等専門学校   松田信彦氏
◎続日本紀(巻十)講読       早稲田大学大学院生   岩田久美加氏



12月例会
○日時 平成18年12月16日(土)午後2時半より
(開始時刻がいつもと異なりますのでご注意下さい。)
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第一集会室
(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
◎ 「古事記と日本書紀と」(研究発表)       菅野雅雄氏



11月例会
○日時 平成18年11月25日(土)14時より
○場所 早稲田大学文学部36号館6階682教室
(JR山手線高田馬場駅より学バス早大正門行き馬場下町下車、地下鉄東西線早稲田駅徒歩五分) ○内容
◎「海神宮訪問(一)(講読)」       東海大学   志水義夫氏
◎「古事記における「命以」の使用意識」       國學院大學大学院生   坂根 誠氏



9月例会
○日時 平成18年9月16日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室
(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。) 学習院女子大学の地図学習院女子大学へのアクセス
○内容
◎海佐知毘古と山佐知毘古(講読)        学習院大学助手   中野謙一氏
◎『日本書紀』会話文における訓注の一機能―允恭天皇二年二月条の記述を中心として―(研究発表)       國學院大學兼任講師   大館真晴氏

〈会場校からのお願い〉
御来場になりましたら、門衛所で古事記学会への参加であることを告げて、氏名の記入等、門衛の指示に従ってください。 また、なるべく本人確認のできるものをお持ちいただければ幸いです。 いささか煩わしいこともあろうかと思いますが、中・高を含め女子の学校のキャンパスであることなど御拝察いただいて、 御協力下さいますようお願い申し上げます。



7月分科会
○日時 平成18年7月22日(土)午後2時~3時20分
○場所 学習院女子大学互敬会館三階集会室(予定)
(JR高田馬場駅下車徒歩十五分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩十分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
◎続日本紀講読(巻十)       岩田久美加氏(早稲田大学大学院生)



6月大会 ◇期 日  平成18年6月17日(土)~19日(月)
◇会 場  長崎大学  〒852ー8521 長崎県長崎市文教町1-14
長崎大学交通案内長崎大学文教地区キャンパス(キャンパスマップ)
                   ℡095-847-1111(代表)
                   ℡095-819-2299(勝俣研究室直通)
◇日程
【第1日】6月17日(土)
○公開講演会 午後1時15分~午後4時15分 長崎大学 中部講堂(なかべこうどう)
       開会の辞                学習院女子大学教授 神田典城氏
       代表理事挨拶                   代表理事 菅野雅雄氏
       挨拶                     長崎大学学長 齋藤 寛氏
       七夕伝説の発生と変容             長崎大学教授 勝俣 隆氏
       日宋文化交流と文献研究の変容について    國學院大學教授 嵐 義人氏
○総会 午後4時15分~5時15分
○古事記学会奨励賞授与式 午後5時15分~5時30分
○懇親会 午後6時~午後8時   会場 長崎厚生年金会館「ウェルシティー長崎」

【第2日】6月18日(日)
○研究発表会 長崎大学中部講堂
午前の部(午前9時30分~12時20分)
       葦原中国と海原 ―「塞海坂」とその後の神々の往来をめぐって― 大阪市立大学大学院  村上 桃子氏
       気比の大神                早稲田大学大学院 藤澤 友祥氏
       不忍文庫本『日本霊異記』の位置    佐賀女子短期大学教授 藪  敏晴氏
       伊勢神宮創始年の決定法          千葉商科大学教授 江口  洌氏
昼食(12時20分~午後1時30分)
午後の部(午後1時30分~午後5時)
       風土記地名起源説話と土地所有の正当性 慶應義塾大学志木高等学校非常勤講師  稲石 陽平氏
       「稲羽の素兎」譚の伝来に関する比較研究   京都大学大学院 黄  明月氏
       「因御刀所生神者也」について      奈良女子大学研究員 阪口 由佳氏
       天の石屋戸から天孫降臨へ ―〈国〉の文脈の展開― 國學院大學教授  青木 周平氏
○閉会の辞                       大阪市立大学教授 毛利 正守氏

【第3日】6月19日(月) ○臨地研究
長崎大学中部講堂前(午前8時30分集合)――長崎大学附属図書館古写真資料室――長崎原爆資料館――神功皇后鎮懐石歌碑(長崎大学医学部正門横)――長崎大学医学部ポンペ会館・近代医学史資料展示室・旧長崎医学校正門原爆遺構――山王神社一本柱鳥居――出島和蘭商館跡――昼食(四海楼)――大浦天主堂・グラバー園――孔子廟・中国歴代博物館――崇福寺――諏訪神社――長崎歴史文化博物館――長崎駅(午後4時20分)――長崎空港(午後5時)
☆臨地研究費には、バス代・施設入場料・昼食代等を含みます。



5月分科会
○日時:5月27日(土)午後1時から
○場所:学習院女子大学2号館223教室
(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。 高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
〇日本書紀講読(綏靖紀)       万葉古代学研究所   松田信彦氏

分科会についてのお問い合わせは、担当理事(加藤清・渡邉正人・飯泉健司・松本直樹)までお願いします。



4月例会
○日時 平成18年4月22日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第一集会室
(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。 高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
◎木花之佐久夜毘売(二)(講読)       早稲田大学大学院生   原田雅子氏
◎荷田春満と賀茂真淵の日本書紀研究―訓読研究を中心に―(研究発表)       國學院大學大学院生   渡邉 卓氏



3月例会
○日時 平成18年3月19日(日)午後1時より
○場所 大阪市立大学 杉本キャンパス 法学部棟11階 特別会議室
(JR阪和線「杉本町」下車徒歩5分。) 大阪市立大学交通案内図大阪市立大学構内案内図(キャンパスマップ)
○内容
◎古事記中巻応神天皇条 天之日矛(講読)       大阪市立大学大学院生   村上桃子氏
◎日本書紀における「皇」「王」について(研究発表)       大阪大学大学院外国人招聘研究員   朴美賢氏
◎古事記における「今」の用法について(研究発表)       同志社女子大学教授   吉野政治氏

終了後、懇親会を行います。

昨年に引き続き、関西例会の実施に向け試験的に上記会場で開催致します。
日程、開始時刻、会場が通常とは異なりますので、
御注意の上、
特に関西方面に御在住の会員諸氏は、
ふるって御参加下さいますようお願い申し上げます。

なお、講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。



1月分科会
○日時 平成18年1月28日(土)午後2時より
○場所 國學院大學 常磐松2号館3階 第2会議室
(JR・地下鉄・東急「渋谷」駅下車。都バス「國學院大学前」下車)國學院大学キャンパス案内
○内容
◎日本書紀講読(巻四・欠史八代)       万葉古代学研究所  松田信彦氏
◎続日本紀講読(巻九の諸問題・まとめ)       諸氏



12月例会
○日時 平成17年12月10日(土) 午後2時30分より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階 第一集会室
(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。 高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
◎八千矛神の歌物語と大国主神の国作り       学習院大学名誉教授   吉田敦彦氏



11月例会
○日時 平成17年11月26日(土)午後3時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
◎訓の成立と両読字句(研究発表)       國學院大學   嵐 義人氏
◎軽太子と穴穂御子の皇位継承争いについて―天飛む軽の嬢子のいた泣かば人知りぬべし―(研究発表)       京都産業大学(名誉教授)   金井清一氏



10月分科会
○日時 平成17年10月29日(土)午後3時より
○場所 國學院大學 常磐松2号館3階 第2会議室
(JR・地下鉄・東急「渋谷」駅下車。都バス「國學院大学前」下車)國學院大学案内図
○内容
◎続日本紀講読(巻九)       聖学院大学   渡邉正人氏



9月例会
○日時 平成17年9月24日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎木花之佐久夜毘売(一)(講読)       國學院大學大学院生   坂根 誠氏
◎「地祇本紀」の諸問題(研究発表)       早稲田大学非常勤講師   工藤 浩氏



7月分科会
○日時 平成17年7月16日(土)午後2時より
○場所 國學院大学 常磐松2号館3階 第1会議室
○内容
◎日本書紀講読(神武紀)       早稲田大学大学院生   白旗千尋氏

本年度は7月・10月・1月の開催を予定しております。



6月大会
◇期 日  平成17年6月11日(土)~14日(火)
◇会 場  芦屋大学 〒659-8511 兵庫県芦屋市六麓荘町13の22
                      ℡(0797)23ー0661
◇日程
【第1日】6月11日(土) ○公開講演会 午後1時15分~4時15分 芦屋大学 本館2階252号教室
       開会の辞               学習院女子大学教授 神田典城氏
       代表理事挨拶                  代表理事 菅野雅雄氏
       挨拶                    芦屋大学学長 奥田眞丈氏
       「日本書紀私記」論の可能性      東京大学大学院教授 神野志隆光氏
       『古事記』と日本古代史研究       京都教育大学教授 和田 萃氏
○総会 午後4時15分~5時15分
○古事記学会奨励賞授与式 午後5時15分~5時30分
○懇親会 午後六時~午後八時   会場 芦屋大学内福山記念館四階Bホール

【第2日】6月12日(日)
○研究発表会 芦屋大学 本館2階252号教室
午前の部(午前9時30分~12時30分)
       神武紀の事代主神            早稲田大学大学院 伊藤 剣氏
       『古事記』「沙本毘古王の反逆」の主題  皇學館大学大学院 牛島理絵氏
       神奈我良思想の変容          福井工業大学助教授 和田義一氏
昼食(12時30分~午後1時30分)
午後の部(午後1時30分~5時)
       古事記における「至今」型書式とその機能 ―「今あること」との対比を中心に―  大阪市立大学大学院 植田 麦氏
       卜部兼永筆本『古事記』における本文の校合過程 ―「イ本注記」を中心に―  國學院大學大学院 小林真美氏
       日本書紀における欠史八代の問題 ―本文の性格を通して―  万葉古代学研究所研究員 松田信彦氏
       大殿祭祝詞の一考察             芦屋大学教授 白江恒夫氏
○閉会の辞                      大阪市立大学教授 毛利正守氏

【第3日・第4日】6月13日(月)・14日(火) ○臨地研究 (集合)JR大阪駅~新井崎神社~宇良神社~奈具神社~(宿泊)
      京丹後市~大宮売神社~丹後郷土資料館~籠神社(丹後一宮)~
      加悦町・古墳公園・はにわ資料館~元伊勢(大江町)~(解散)JR京都駅~JR新大阪駅



4月例会
○日時 平成17年4月16日(土)午後2時30分より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎猿女の君(講読)       早稲田大学大学院生   藤澤友祥氏
◎景行記(紀)の架空、作為について       著述業   山中鹿次氏



3月例会
○日時 平成17年3月27日(日)午後2時より
○場所 大阪市立大学杉本キャンパス 法学部棟11階 特別会議室大阪市立大学交通案内図大阪市立大学構内案内図(キャンパスマップ)
(JR阪和線「杉本町」下車徒歩5分。)
○内容
◎古事記下巻 仁徳天皇(1)(講読)       同志社大学(非)   姜鐘植氏
◎倭建命と伊吹山の神(研究発表)       同志社女子大学   寺川眞知夫氏
終了後、懇親会を行います。

今回は、関西例会の実施に向け、試験的に上記会場で開催致します。
日程、会場が通常とは異なりますので、御注意の上、特に関西方面に御在住の会員諸氏は ふるって御参加下さいますようお願い申し上げます。

なお、講読は、通常の例会と連続した箇所ではありません。



1月分科会
○日時 平成17年1月22日(土)午後2時30分より
○場所 國學院大學常磐松2号館 3階 第1会議室
○内容
◎講読 日本書紀(神武紀)       早稲田大学大学院   白旗千尋氏
◎講読 続日本紀(巻九)       聖学院大学   渡辺正人氏



12月例会
○日時 平成16年12月18日(土)午後2時30分より
○場所 國學院大學120周年記念2号館1階2102教室  (JR・地下鉄・東急「渋谷」駅下車。都バス「國學院大学前」下車)
○内容
◎応神記における大雀命及び応神記語句注釈条々       金井清一氏



11月例会
○日時 平成16年11月20日(土) 午後2時より
○場所;早稲田大学文学部 34号館4階 452教室
○内容
◎天孫降臨(二)(講読)       國學院大學   鈴木啓之氏
◎いわゆる帝紀的記事から見た『日本書紀』の一性格(研究発表)       万葉古代学研究所   松田信彦氏



10月分科会
○日時 平成16年度10月30日(土) 午後2時より
○会場 早稲田大学教育学部(16号館)1階105教室
○内容
◎日本書紀(神武紀)       早稲田大学博士課程   白旗千尋氏
◎続日本紀(巻九)       聖学院大学   渡辺正人氏



9月例会
○日時 平成16年9月18日(土)午後2時より
○会場 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室(JR高田馬場駅下車徒歩15分。地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分。高田馬場より「九段下」行都バス、学習院女子大学下車。)
○内容
◎天孫降臨(一)(講読)       羽衣学園短期大学   中川ゆかり氏
◎祝詞における「豊葦原水穂国」――記紀との比較を通して――(研究発表)       國學院大學大学院生   舟木勇治氏



7月分科会
○日時 平成16年7月17日(土)午後2時より
○会場 國學院大学 常磐松2号館3階 第1会議室
○内容
◎日本書紀(神武紀)       早稲田大学博士課程   白旗千尋氏
◎続日本紀(巻九)       聖学院大学   渡辺正人氏



6月大会
◇期日  平成16年6月12日(土)、13日(日)、14日(月)
◇会場  梅花女子大学 〒567―8578 大阪府茨木市宿久庄2―19―5
                  (電話072―643―6221)
◇日程
【第1日】6月12日(土)
○公開講演会 午後1時~午後4時 梅花女子大学 澤山記念館
開会の辞                  理事 神田典城氏
学会代表挨拶              代表理事 菅野雅雄氏
挨拶              梅花女子大学学長 中村元保氏
公開講演会
 講演  古事記「序」を疑う    千葉大学教授 三浦佑之氏
 講演  ヤマトタケル“東征”の道―近年の考古学的成果から―
             国立歴史民俗博物館教授 平川 南氏
梅花女子大学チアリーダー演技   梅花女子大学 レイダース
○総会    午後4時~5時
○懇親会   午後6時~午後8時
     いばらき京都ホテル 二階「祥雲の間」
    〒567―0034 大阪府茨木市中穂積1―1―10
           電話(072)620―2121

【第2日】6月13日(日)
○研究発表会 午前9時30分~午後4時 梅花女子大学 F棟701教室
置目老媼の功績     早稲田大学大学院博士課程 松本弘毅氏
「秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫」物語の意義
            國學院大学大学院博士課程 前川晴美氏
古事記成立の考察――〈伝達〉から〈語り〉へ―
                東海大学専任講師 志水義夫氏
    (昼食)
『新撰亀相記』書名考  有明工業高等専門学校講師 木下文理氏
『日本書紀』における神功皇后新羅征討伝承の位置付け
     ―「則重誓之曰…」という会話文の考察から―
                  埼玉大学講師 大館真晴氏
毘売埼説話の表と裏         専修大学教授 西條 勉氏
神代巻版本について      國學院大学名誉教授 中村啓信氏
○閉会の辞                 理事 毛利正守氏

【第3日】6月14日(月)
○臨地研究 午前9時 JR茨木駅前集合
  JR茨木駅 ―― 継体天皇陵 ―― 阿武山古墳(徒歩あり)――
  ハニワ工場公園(昼食)―― 高槻市埋蔵文化財センタ――今城塚古墳――
  (安満宮山古墳)――交野天神社――樟葉宮跡伝承地 ――JR京都駅



4月例会
○日時 平成16年4月24日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室 
○内容
◎天孫降臨(講読)       河合塾講師    越野真理子氏
◎神代紀第九段の一書について―「天孫」「皇孫」という呼称から―(研究発表)       早稲田大学大学院   白旗千尋氏
   前回とは場所・時間が異なりますので、御注意ください。



3月例会
○日時 平成16年3月27日(土) 午後2時30分より
○場所 國學院大学 本館2階会議室
○内容
◎天孫降臨/迩々藝命の誕生(講読)       共栄大学   壬生幸子氏
◎黄泉津比良坂と異界(研究発表)       國學院大學大学院聴講生   橋本利光氏



2月分科会
○日時 平成16年2月28日(土)午後2時から
○会場 学習院女子大学互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎日本書紀講読(第十一段)       東海大学   志水義夫氏
◎続日本紀講読(巻第八)       國學院大學大学院   小林真美氏



12月例会
○日時 平成15年12月13日(土) 午後2時30分より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階 第1集会室
○内容
◎大国主神の国譲り(講読)       早稲田大学大学院   岩田久美加氏
◎『日本書紀』と暦数(研究発表)       千葉商科大学   江口 冽氏



11月例会
○日時 平成15年11月29日(土) 午後3時より
○場所 学習院女子大学 1号館112教室
○演題「風土記の研究について」       兵庫教育大学名誉教授   植垣節也氏



10月分科会
○日時 平成15年10月25日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階 集会室1
○内容
◎『日本書紀』講読(第十一段)       東海大学   志水義夫氏
◎『続日本紀』講読(巻八)       國學院大学大学院    小林真美氏



9月例会
○日時 平成15年9月20日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎建御名方神の服従(講読)       園田学園女子大学   影山尚之氏
 ◎『古事記』の「生」に関する構成(研究発表)       皇學館大學大学院生   牛島理絵氏



7月分科会
○日時 平成15年7月26日(土) 午後2時より
○場所 國學院大学 常磐松2号館 3階 第1会議室
○内容
古事記学会創立50周年企画 韓国研修を前にして -日本書紀・続日本紀における半島関係記事について-
◎『日本書紀』講読(巻第十九・欽明紀を中心に)       日本大学   加藤 清氏
◎『続日本紀』講読       國學院大学大学院生   小林真美氏



6月大会 ◇期日  平成15年6月20日(金)、21日(土)、22日(日)、23日(月)
            (6月20日、6月23日は記念展示のみ)
◇会場 國學院大學 〒150―8440 東京都渋谷区東4―10―28
         (電話03―5466―0216)
◇日程
【記念展示】 第一会場 國學院大學百周年記念館 2階 記念室
       第二会場 國學院大學常磐松二号館 3階 第1会議室
  [展示時間]
     〈20日(金)午後1時~午後4時〉
     〈21日・22日(土・日)午前9時~午後4時〉
     〈23日(月)午前9時~正午〉

6月21日(土)
○記念講演会  午後1時~午後4時 國學院大學百周年記念館 4階 記念講堂
  開会の辞  代表理事  菅野雅雄氏
  挨拶    國學院大學学長  阿部美哉氏
  記念講演  高天原の神話的イメージと現実再現檀国大学校名誉教授 ファンペガン(黄★江)氏(★はさんずい+貝)
  記念講演  欠史八代と氏族系譜 大阪市立大学名誉教授 直木孝次郎氏
○奨励賞授与式 國學院大學百周年記念館4階 記念講堂
        選考報告  古事記学会奨励賞選考委員長 中村啓信氏
        奨励賞授与          代表理事 菅野雅雄氏
        受賞者挨拶
○懇親会    午後6時~午後8時
     渋谷エクセルホテル東急 六階「プラネッツルーム」
      〒150―0043 東京都渋谷区道玄坂1―12―2(渋谷マークシティ内)
                      電話(03)5457―0109

【第3日】6月22日(日)
○研究発表会  午前9時30分~正午 國學院大學百周年記念館 4階 記念講堂
  古事記の成立と構造―国生み神話と国作り神話を巡って―  長崎大学教授 勝俣隆氏
  古事記・日本書紀の成立―東アジアの地政学を通して―  相模女子大学教授 呉哲男氏
  和銅五年の天武天皇と古事記  京都産業大学名誉教授 金井清一氏
○総会 午後0時10分~午後1時30分 國學院大學百周年記念館 3階 視聴覚教室
[昼食]
○シンポジウム 午後1時30分~午後4時30分 國學院大學百周年記念館 4階 記念講堂
「東アジアの中で古事記の成立を考える」
パネリスト
  古事記序文の性格─文体論と駢体文の角度から─  法政大学講師 薬会氏
  韓国神話と日本神話─「稲羽の白兎」説話と韓国・梧桐島の説話を中心に―  蔚山大学校教授 魯成煥氏
  古事記の書記と文体  大阪市立大学教授 毛利正守氏
  司会    専修大学教授 西條勉氏
○閉会の辞  五十周年記念行事実行委員長 中村啓信氏

◇創立五十周年記念臨地研修は8月26日~30日に韓国方面で行うことを年初に御案内申し上げ、すでに申し込みを締め切っております。
◇【第1日】(6月20日)・【第4日】(6月23日)は記念展示のみです。



5月分科会
○日時 平成15年5月31日(土) 午後2時30分より
○場所 國學院大学 國學院大学 常磐松2号館3階 第1会議室
○内容
◎『日本書紀』講読(巻第二・第十段)       早稲田大学大学院   矢内啓一郎氏
◎『続日本紀』講読――五十周年記念大会「712年を考える」に向けて――       東海大学   志水義夫氏



4月例会
○日時 平成15年4月19日(土) 午後2時30分より
○場所 学習院女子大学 1号館112教室
○内容
◎事代主神の服従(講読)       東海大学   志水 義夫氏
◎「國造」について―遡上法・類型法・考證法の吟味から―(研究発表)       文部科学省   嵐 義人氏



3月例会
○日時 平成15年3月15日(土) 午後2時30分より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎建御雷神(講読)       早稲田大学大学院   伊藤 剣氏
◎古事記 隠伎之三子嶋―並びに「雙生億岐洲與佐度洲」(日本書紀)の意味―(研究発表)       大妻女子大学   服部 旦氏



1月分科会
○日時 平成15年1月25日(土) 午後2時30分より
○場所 國學院大学 常磐松2号館3階 第2会議室
○内容 ◎『日本書紀』講読(巻第2・第10段)       早稲田大学大学院   矢内啓一郎氏
◎『続日本紀』講読(巻7)       國學院大学   城崎陽子氏



12月例会
○日時 平成14年12月21日(土) 午後3時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第一集会室
○内容
◎『古事記』吉野国主歌考       聖心女子大学教授   山口佳紀氏



11月例会
○日時 平成14年11月16日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 1号館 112教室
○内容
◎祈〔イノ〕ルということ(研究発表)       芦屋大学   白江恒夫氏
◎天の若日子の反逆(講読)       奈良女子大学大学院生   阪口由佳氏



9月例会
○日時 平成14年9月28日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎天の若日子の反逆(講読)       國學院大學大学院生   落合孝彰氏
◎剣と物部氏の関係について(研究発表)       学習院大学大学院生   村山直子氏



7月例会
○日時 平成14年7月27日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎葦原中国平定の御議(講読)       國學院大學大学院生   前川晴美氏
◎『古語拾遺』の時代認識(研究発表)       中京大学大学院生   河合 章氏



6月大会
◇期日 平成14年6月15日(土)、16日(日)、17日(月)
◇会場 花園大学 京都市中京区西ノ京壼ノ内町8-1(電話075-811-5181)

◇日程
【第1日】公開講演会 6月15日(土)午後1時30分~4時30分
      於 花園大学 無聖館五階ホール
開会の辞 理事 西條勉氏
挨拶 代表理事 菅野雅雄氏
挨拶 花園大学副学長 沖本克己氏
講演 賀茂の神々 花園大学教授 丸山顕徳氏
講演 近年出土の飛鳥京と韓国の木簡 奈良大学教授 東野治之氏
閉会の辞 理事 山崎正之氏
○古事記学会奨励賞贈呈式
○懇親会 午後5時30分~7時30分 於 花園人学 真人館地下食堂

【第2日】研究発表会 6月16日(日)
      於 花園大学 無聖館五階ホール
○午前の部 午前10時~正午
倭建命の系譜-出自の語られない弟橘比売命の意義- 中京大学大学院生 田中智樹氏
須佐之男命系譜の意義-「以久美度迩起而」を中心として- 日本大学 加藤清氏
オノゴロ嶋の位置 早稲田大学 工藤浩氏
○総会 正午~午後1時30分 於 花園大学 無聖館五階ホール
〔昼食〕
○午後の部 午後1時30分~4時30分
「思ひ妻」考 國學院大学大学院生 山崎かおり氏
言うなの禁-播磨国風土記都太川条の表現性- 埼玉大学 飯泉健司氏
夢野起源説話の一考察 金沢星稜大学 馬場治氏
二人の大神-クニヌシとモノヌシ- 神戸女子大学 鈴鹿千代乃氏

【第3日】臨地踏査 6月17日(月)
一、集合場所・時間 JR京都駅八条口 午前8時40分(8時45分出発)
二、踏査予定地 下鴨神社-上賀茂神社(三手文庫閲覧)-(昼食)-社家見学(井関家別邸・西村家・大田神社)-東福寺-泉涌寺-JR京都駅八条口(解散午後6時予定)
三、案内・説明 花園大学教授 丸山顕徳



5月分科会
○日時 平成14年5月25日(土) 午後2時より
○場所 國學院大學 常盤松2号館3階 第1会議室
○内容
『日本書紀』講読(巻第二・第十段)       早稲田大学大学院   矢内啓一郎氏
『続日本紀』講読(巻第七)       國學院大學   城崎陽子氏



4月例会
○日時 平成14年4月20日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 1号館 112教室
○内容
◎少名毘古那神との国作り(講読)       中央大学   岩下武彦氏
◎神代紀の異伝注記(研究発表)       学習院大学大学院生   中野謙一氏



3月例会
○日時 平成14年3月16日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 1号館 112教室
○内容
◎大年神の系譜(講読)       東京理科大学   鈴木啓之氏
◎助辞表現から見た常陸国風土記(研究発表)       上智大学   瀬間正之氏



12月例会
○日時 平成13年12月15日(土) 午後3時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階 第1集会室
○内容
◎日本書紀の古写本などを訪ねて       東京学芸大学名誉教授   林勉氏



11月例会
○日時 平成13年11月17日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎八千矛神の歌物語(講読)       東京女子大学   鉄野昌弘氏
◎『日本書紀』巻十一即位前紀にみる仁徳天皇像―「仁孝」という視点から―(研究発表)       國學院大學大学院生   大館真晴氏



10月分科会
○日時 平成13年10月20日(土)午後2時より
○場所 早稲田大学 16号館(教育学部) 3階 303教室
○内容
◎『日本書紀』講読(巻第2・第10段)       早稲田大学大学院   矢内啓一郎氏
◎『続日本紀』講読(巻第六)       東海大学   志水義夫氏



9月例会
○日時 平成13年9月29日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 1号館1階  112教室
○内容
◎根の国訪問(講読)       國府台女子学院高等部   河備秀雄氏
◎古事記の文章と音訓交用(研究発表)       大阪女子大学   乾善彦氏



7月例会
○日時 平成13年7月28日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館三階 第一集会室
○内容
◎稲羽の素兎・八十神の迫害(講読)       國學院大學日本文化研究所兼任講師   城﨑陽子氏
◎『古事記』氏族系譜の言説分析(研究発表)       國學院大學大学院生   山本堅太郎氏



6月大会
○日時 平成13年6月9日(土)~平成13年6月11日(月)
○場所 相愛女子短期大学
     (〒599-0033 大阪市住之江区南港中4-4-1)
     大会事務局 日本語日本文学科合同研究室
            電話 06-6612-5900 内線425
            電子メール masayuki@soai.ac.jp

○日程
第1日 公開講演会 6月9日(土) 午後1時30分~4時30分
                  於 相愛女子短期大学 南港講堂
開会の辞     理事 西條勉
挨拶     代表理事 菅野雅雄
挨拶     相愛女子短期大学学長 小野功龍
講演「古事記の后妃」     神戸女子大学助教授 鈴鹿千代乃
講演「ふることぶみ」     神戸松蔭女子大学教授 浅見徹
閉会の辞     理事 毛利正守
○懇親会 午後5時30分~7時30分
     於 サンピア大阪(大阪市住之江区南港東8-4-48)
        電話 06-6614-1133

第2日 研究発表会 6月10日(日)
                  於 相愛女子短期大学 南港講堂
○午前の部 午前10時~正午
黄泉比良坂と伊賦夜坂 ―本文における注記の在り方から―   大阪市立大学大学院生 植田麦
王者の身体と樹木   学習院大学大学院生 長崎歌織
崩年干支より観た武烈記の位置     板垣徹
○総会 正午~午後1時30分 於 相愛女子短期大学 U134教室
(昼食)
○午後の部 午後1時30分~4時30分
日本書紀に見える「尊」「命」の考察   大阪大学大学院生 朴美賢
石之日売命の物語的意味 ―仁徳記の構想―   中京大学 大脇由紀子
『古事記』の借音字表記における表記意識   九州女子大学 奥田俊博
鳥の語り ―性愛と死と―   國學院大学 多田元 

第3日 臨地踏査 6月11日(月)
1 集合場所 「サンピア大阪」前 午前8時45分
2 踏査予定地 サンピア大阪―四天王寺―野中寺―応神天皇陵―(昼食) ―聖徳太子廟―竹内峠―当麻寺―達磨寺―行基菩薩墓所―(阪奈国道・中央環状線) ―新大阪着(午後5時予定)
3 案内・説明 相愛女子短期大学教授 橋本雅之・鶴崎裕雄



5月分科会
○日時 平成13年5月19日(土) 午後3時より
○場所 國學院大学 常磐松2号館3階 第1会議室
○内容 『日本書紀』講読(巻第二・第九段)
        東京理科大学      鈴木啓之氏
        聖学院大学        渡辺正人氏



4月例会
○日時 平成13年4月21日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎稲羽の素兎・八十神の迫害(講読)       國學院大學日本文化研究所兼任講師   城崎陽子氏
◎延喜式祝詞の万葉仮名に就いて―大字と小字の比較を中心に―(研究発表)       二松学舎大学大学院生   渕野建史氏



3月例会
○日時 平成13年3月10日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎須佐之男命の系譜・大国主神の系譜(講読)       日本大学   加藤清氏
◎「仲哀記」託宣に於ける天照大神の意義(研究発表)       中京大学大学院生   田中智樹氏



12月例会
○日時 平成12年12月16日(土)午後3時より
○場所 学習院女子大学 2号館2階 225教室
○内容
◎日本書紀の諸本について       國學院大學名誉教授   中村啓信氏



11月分科会
○日時 平成12年11月25日(土)午後2時より
○場所 國學院大學 常磐松2号館3階 第一会議室
○内容
『日本書紀』講読(巻第二・第九段)       東京理科大学   鈴木啓之氏
                        聖学院大学        渡辺正人氏



11月例会
○日時 平成12年11月18日(土) 午後2時より
○場所 学習院女子大学 1号館 112教室
○内容
◎ヤマタのヲロチ(講読)       東海大学   志水義夫氏
◎明治初年の古事記研究―『古事記初心鈔』の位置付けを中心に―(研究発表)       國學院大學特別研究生   千賀万左江氏



9月例会
○日時 平成12年9月16日(土)午後2時半より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎五穀の起源(講読)       中京大学   菅野雅雄氏
◎ウタとモノガタリの距離―主に詞章中の神人名をめぐって―(研究発表)       國學院大學講師   阿部誠氏



7月分科会
○日時 平成12年7月29日(土)午後2時より
○場所 國學院大學 若木3号館 106号室
○内容 『日本書紀』講読(巻第二・第九段)
        東京理科大学 鈴木啓之氏
        聖学院大学 渡辺正人氏



5月分科会
○日時 平成12年5月20日(土) 午後2時より
○場所 國學院大學 常磐松2号館3階 第1会議室
○内容 『日本書紀』講読(巻第二・第九段)
        東京理科大学 鈴木啓之氏
        聖学院大学 渡辺正人氏



4月例会
○日時 平成12年4月22日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階 第1集会室
○内容
◎天の石屋戸(講読)       新潟経営大学   西澤一光氏
◎古事記の「大后」(研究発表)       國學院大學大学院生   山崎かおり氏



3月例会
○日時 平成12年3月18日(土)午後2時より
○場所 学習院女子大学 互敬会館3階第1集会室
○内容
◎うけひ(講読)       東京理科大学   鈴木啓之氏
◎『日本書紀』「神代」第一段における「神聖」の意義(研究発表)       國學院大學大学院生   梶原秀幸氏


 

理事会の予定

理事会の予定はこちらです。




 このページの質問・疑問点がございましたら、下記に御連絡下さい。

mail:saitoh@rs.tus.ac.jp