• 学生の声
  • 社会人学生 建築学科
  • 社会人学生 電気工学科
  • 社会人学生 経営工学科
  • 勤労学生 建築学科
  • 勤労学生 電気工学科
  • 勤労学生 経営工学科
  • 一般学生 電気工学科
  • 一般学生 経営工学科
  • 大学院生 建築工学科
  • 大学院生 電気工学科
  • 学部長表彰

学生の声

勤労学生 建築学科2年 押川 博幸 質問1 夜間に学ぶことを選んだきっかけは何ですか。また、実際に通学してみて、あなたが感じた工学部第二部の魅力は何ですか。
回答 昼間に学費や生活費を稼ぎ、夕方から学校で将来に向けた勉強を学び自立した生活を送るためです。実際に通学して感じたことは、授業の内容が充実していることと、強い熱意を持った人が多いことです。工学部第二部の特徴の1つでもありますが、生徒の年齢や経験は様々で、それが刺激にもなります。各々が自分の目標に向かって、専門分野を極めようと高い志を持っています。
質問2 印象に残った授業や、これから挑戦してみたい分野などをお教えください。
回答 すべての授業にそれぞれの特徴や良さがあるのですが、将来の目標とダイレクトにつながっている設計製図の授業が印象に残ります。自分がこれまで学んできたことと今学んでいることを全身で表現できる授業だからです。現役で活躍されている先生から直接指導を受け、友人同士で互いの作品について話合うことができる、私にとって一番アットホームな時間でもあります。これからは建築材料や行動学などの分野に挑戦していきたいです。
質問3 アルバイト等の仕事に費やす時間と、勉強に費やす時間のバランスをお教えください。また、両立するために工夫されている点をお教えください。
回答 2年生で編入し、ちょうど一年が経ち、色々な経験を積むことができました。テスト前は勉強への時間を増やしますが、普段アルバイトに費やす時間と勉強に費やす時間のバランスは6:4になってしまいます。両立するための工夫は小まめな仮眠をとることです。後は焦らず目の前のことを1つ1つしっかりとこなして行くことです。どんな時でも損得を考えずに、必ずすべての授業に出席することがリズムを整える一番大切なことだと思います。
質問4 部活動やサークル活動に参加していますか。参加している方は、感想をお教えください。参加していない方は、勉学以外で力を入れていることがありましたらお教えください。
回答 部活動やサークル活動には参加していませんが、設計事務所のお手伝いをしています。そこでは学校とはまた少し違う学びがあり、色々な発見もあります。事務所の所員さんは仕事を温かく教えてくださいますし、疑問に思うことや興味があることをその場で解決でき、とても居心地が良い場所です。
質問5 入学を考えている皆さんにメッセージをお願いします。
回答 私自身したことですが、入学前にもう一度自分の中でこれから学んでいきたいことやしたいことを考え、書き出すことをオススメします。その上で入学をすれば後は良い友人や先生に恵まれ、楽しい四年間を過ごせます。学校や仕事、プライベートでどんなに辛いことがあっても、楽しんで助け合って乗り越えていけると思います。そして四年後には今よりもっと、学力だけでなく人として成長できると思います。
質問6 あなたの主な1日のスケジュールを教えてください。(平日・土曜日それぞれ)
平日 平日スケジュール
 
4時30分
起床。仕事へ出かけるまでは読書やリスニング、勉強をします。
7時45分~8時00分
現場に到着。8時の朝礼に備えながら、職人さんとの会話を楽しみます。
8時00分~17時00分
現場でフル稼働。色々勉強になります。昼食をとり、20分程仮眠します。
17時00分~18時00分
電車で学校に向かいます。現場が日によって異なるので大変ですが、遅れても必ず出席します。途中コンビニで軽食をとります。
18時00分~21時10分
聞き逃さないよう授業に集中します。
22時00分
授業後、設計事務所に向かい終電もしくは朝までお手伝いをします。
楽しい大切なひと時です。翌朝5時まで夜勤の現場に行くこともあります。
土曜日 土曜日スケジュール
 
8時00分
土曜日は朝から授業なので仕事はなく、唯一ゆっくり起きられます。
ここで一週間の疲れをとります。
10時30分~16時00分
編入生は土曜日にもしっかり授業が組まれています。休まず頑張ります。
16時00分~18時00分
空き時間はその時に合った行動をしていてとても大切な時間です。
19時30分~20時30分
友人とわいわいしながら夕食をとります。
21時30分~24時20分
設計事務所で楽しくお手伝い。本当に色々学べます。夜勤現場へ向かうこともあります。