• 学生の声
  • 社会人学生 建築学科
  • 社会人学生 電気工学科
  • 社会人学生 経営工学科
  • 勤労学生 建築学科
  • 勤労学生 電気工学科
  • 勤労学生 経営工学科
  • 一般学生 電気工学科
  • 一般学生 経営工学科
  • 大学院生 建築工学科
  • 大学院生 電気工学科
  • 学部長表彰

学生の声

勤労学生 経営工学科4年 成田 麻美 質問1 夜間に学ぶことを選んだきっかけは何ですか。また、実際に通学してみて、あなたが感じた工学部第二部の魅力は何ですか。
回答 家庭の事情とスケジュールの組み易さから、夜間に進学しました。学費と生活費を自分で賄っているため、夜間の授業料の安さは魅力的でした。また、社会人の方も学びに来ているので、同年代の友人のみでなく、様々な年齢層や職業の方と話す機会が増え、自分の世界が広がりました。
質問2 印象に残った授業や、これから挑戦してみたい分野などをお教えください。
回答 知的財産の授業です。中でも特許に関して興味を持つようになりました。そのため、卒業研究では特許に関する研究を行いました。また、大学院でもその研究を続け、将来的には企業の知的財産部など、特許業務に関わる仕事に就きたいと考えています。
質問3 アルバイト等の仕事に費やす時間と、勉強に費やす時間のバランスをお教えください。また、両立するために工夫されている点をお教えください。
回答

授業のある日は、朝から夕方までアルバイトをしています。また、夜間の授業は多くても3時限なので、平日のその時間帯は集中して勉強に励みます。両立するための工夫としては、生活リズムを崩さないことと、アルバイトを前提とした時間割を組むことや、計画的に課題のスケジューリングを行うことです。

質問4 部活動やサークル活動に参加していますか。参加している方は、感想をお教えください。参加していない方は、勉学以外で力を入れていることがありましたらお教えください。
回答 読書サークルに所属しています。活動は月1回ほどで、課題本に関する感想や疑問点などを読書会で議論します。読書会では、本の内容に関して自分と同意見であったり、正反対の意見であったりと人によって様々な見解があり、新たな発見ができるため面白いです。また、サークルを通して今まで読まなかったジャンルの本に触れるきっかけが増すため読書範囲が広がりました。
質問5 入学を考えている皆さんにメッセージをお願いします。
回答

夜間学部には同年代から社会人入学の方など年齢層も多様で、今までとは異なった環境で勉強することになります。様々な目的意識を持つ人と触れ合うことで、より刺激的で貴重な体験ができました。このような環境で過ごし学んだことは、私の財産になっています。入学を考えている皆さんにも、有意義で貴重な4年間を過ごして欲しいと思います。

質問6 あなたの主な1日のスケジュールを教えてください。(平日・土曜日それぞれ)
平日 平日スケジュール
 
9時00分~17時00分
バイトに精を出します。
17時00分~17時45分
アルバイト先から学校への移動時間。読書や講義の復習などをします。
17時45分~18時00分
授業前に軽食。
18時00分~21時10分
授業。テスト直前に焦らないためにも、集中して聴きます。
22時00分~24時00分
読書やインターネットなど、自由時間でリフレッシュ。
土曜日 土曜日スケジュール
 
7時00分~8時30分
支度の他に、洗濯・掃除など家事を行います。
9時00分~18時00分
アルバイト。生活費と学費のために、休日はフルで働きます。
18時30分~21時00分
友人と買い物やご飯。楽しい時間を過ごします。
21時30分~23時30分
自炊のための下拵え。毎日お弁当を作っています。
23時30分~26時00分
自由時間。翌日が日曜日のため、少し夜更かしします。