• 学生の声
  • 社会人学生 建築学科
  • 社会人学生 電気工学科
  • 社会人学生 経営工学科
  • 勤労学生 建築学科
  • 勤労学生 電気工学科
  • 勤労学生 経営工学科
  • 一般学生 電気工学科
  • 一般学生 経営工学科
  • 大学院生 建築学科
  • 大学院生 電気工学科
  • 学部長表彰

学生の声

大学院生 院生1年 波利摩 星也 質問1 夜間に学ぶことを選んだきっかけは何ですか。また、実際に通学してみて、あなたが感じた工学部第二部の魅力は何ですか。
回答 自分で収入を得なくては通学することが難しかったため二部を選びました。周りには建築の実務経験者やすでに一度大学を出た人たちが多いので、高いレベルの中に身を置いて切磋琢磨できます。学生の年齢も様々なので、異なる世代の人と交流することで社会性が身につくのも二部でしか経験できないことです。
質問2 印象に残った授業や、これから挑戦してみたい分野などをお教えください。
回答 設計製図はどれも印象強いです。答えのない授業ですから、自分のアイデアを煮詰めたり新しい事を勉強したりして付け加えていくなど様々な工夫が出来ます。課題提出前は徹夜の日もあるのですが、やり切った後の爽快感は何とも言えません。今後はさらに新しい知識を取り入れて、より独自性のあるアイデアを考えられるようになりたいと思います。
質問3 アルバイト等の仕事に費やす時間と、勉強に費やす時間のバランスをお教えください。また、両立するために工夫されている点をお教えください。
回答 仕事は平日の日中ほとんどと、時には朝までかかり土日を費やすこともあります。ですから勉強時間は電車の中や仕事の昼休みなどの合間を使ってやります。一般の学生のようにまとまった時間が確保しにくいため、勉強に使える時間は1日1時間程度ですが、時間の密度を上げることで乗り切ってきました。
質問4 部活動やサークル活動に参加していますか。参加している方は、感想をお教えください。参加していない方は、勉学以外で力を入れていることがありましたらお教えください。
回答 仕事があるとサークルは難しいかも知れません。それでも建築学科の場合は学外の設計コンペがたくさんあるので、それに応募していました。プレゼンで全国各地へ行けるので結構楽しいです。この機会にプレゼンに慣れておくと様々な場面で役に立ちます。
質問5 入学を考えている皆さんにメッセージをお願いします。
回答 時間的に大変厳しい生活ですが、4年間をやりきった時には相応の自信を手に出来ると思います。私もお金を貯めてから一般の大学に通うか、稼ぎながら二部に通うかを迷いましたが、後者を選んで良かったと思っています。二部にはしっかりとした目標を持った人が多いので、周囲の刺激を受けながら成長していける環境があります。学びたいという気持ちがあれば、必ず成果が出る場所だと思います。
質問6 あなたの主な1日のスケジュールを教えてください。(平日・土曜日それぞれ)
平日 平日スケジュール
 
6時30分~7時00分
通勤時間帯は電車の中で勉強。
7時00分~17時00分
新宿のオフィスにて仕事。昼休みはレポート作成。
17時30分~18時00分
授業前は学食で仲間と食事をとります。
18時00分~21時10分
授業。疲れが出る時間だけど真剣に聞きます。
22時30分
帰宅。明日の弁当の下ごしらえをする。
23時30分~24時00分
作業中のコンペ案を進める。
土曜日 土曜日スケジュール
 
9時00分~11時00分
週末はまず掃除、洗濯から。
12時00分~14時00分
友人と新宿で食事。
15時00分~17時00分
大学で仲間と勉強や設計課題に取り組む。
18時00分~22時00分
そのまま仲間と食事に。
23時00分
帰宅。のんびり本を読みながら週明けに備える。