研究内容


研究分野
凝縮系の電子物性


研究内容
 原子ないしは分子が凝縮した物質は凝縮系とよばれ様々な性質、「物性」、をしめしますが、このような「物性」はミクロな粒子、電子、の振る舞いによって規定されています。原子・分子に捕らえられた電子の状態についての理解をもとに凝縮系の「物性」を解き明かすのが「物性論」ですが、この学問は「1を知って10の23乗を知る」ことのできる実に驚くべき学問体系です。
 このような「物性」の中でとくに「金属と絶縁体」の区別が最も基本ですが、それについて統一的に理解することが可能です。これを基礎に様々な具体的な物質を対象として、超伝導・磁性など物質の持つ可能性を探ります。


研究テーマ例
1.分子性結晶における電荷秩序と磁性・超伝導
2.分子と金属の相互作用
3.微小結晶(ナノ系)が示すバルク系とは違う物性