辻川 信二のホームページへようこそ
                             

English version is here.
 

Last updated  16/April/ 2016

                                                                                                                                                 辻 川研のホームページはこちら
辻川 信二 (つじかわ しんじ)
〒162-8601 

東京都新宿区神楽坂1-3
東京理科大学理学部第二部物理学科
1号館8階


電話:  03-5228-8150   内線 2391

Fax:
  03-5261-1023

電子メール:
shinji_at_rs.kagu.tus.ac.jp
 
_at_を@マークに置き換えてください
 


現在の身分と履歴:
東京理科大学理学部第二部物理 学科 
教授

履歴書は こちらを 参照

What's up? : こちらを 参照


研究分野: 宇宙物理学,相対論


私の著書 :

[1]   Dark energy--Theory and Observations (Cambridge University Press)
       Luca Amendola (Rome Obserbatory) との共著 (2010年6月出版), 大学院生以上を対象

[2]   現 代宇宙論講義 (サ イエンス社SGCライブラリ99)
        辻川 信二  著 (2013年7月出版), 大学院生以上を対象

[3]   相対性理論が描く宇宙の未来
        辻川 信二  著 (2015年2月出版),一般の読者を対象


私のレビュー論文:

[1]  Inflation dynamics and reheating
       Reviews of Modern Physics 78, 537-589 (2006)
,
       astro-ph/ 0507632

      Bruce A. Bassett (Capetown, South Africa) と David Wands (Portsmouth, UK)との共著
      インフ レーション宇宙論についてのレビュー論文.

[2]  Dynamics of dark energy
       International Journal of Modern Physics D15, 1753-1936 (2006),
       hep-th/0603057

      Edmund J. Copeland (Nottingham, UK) と M. Sami (Jamia Millia Islamia, India) との共著
      暗黒エネルギーについてのレビュー論文.

       この論文は,Thomson社の''Fast Breaking Paper''に,高被引用回数の論文として紹介されました.

[3]  
f(R) theories

       Living Reviews in Relativity, 13: 3, 2010
       arXiv: 1002.4928 [gr-qc]

       Antonio De Felice (Tokyo Univeristy of Science, Japan)との共著


[4]   Modified gravity models of dark energy

       Lect. Notes Phys. 800, 99 (2010)
      
arXiv: 1101.0191 [gr-qc]

       イタリアのwinter schoolでの講義ノート

[5]   Quintessence: a review
       Classical and Quantum Gravity, 30, 214003 (2013)
      
arXiv: 1304.1961 [gr-qc]

        Quintessenceについてのレビュー

[6]   The effective field theory of inflation/dark energy and the Horndeski theory

       Lect. Notes Phys. 892, 97 (2015)
      
arXiv: 1404.2684 [gr-qc]

       ギリシャののsummer schoolでの講義ノート
   

私の解説書:

[1]   数 理科学2005年4月号:量子重力理論最前線(小玉英雄編)
   ''ループ量子宇宙論''の章を執筆 (p52-p57)
   同じ記事が,別 冊数理科学 2009年10月号 "量子重力理論'' にもあります.

[2]   天文月報2007年9月号SKYLIGHT:
   ''暗黒エネルギーの起源は何か'' (p462-472)

[3]   数 理科学2009年6月号:物理現象と方程式(和達三樹編)
   ''アインシュタイン方程式''の章を執筆
(p42-46)

[4]   数 理科学2011年7月号:<隠れた>物理法則(白水徹也編)
   ''隠れた定数-暗黒エネルギー''の章を執筆

[5]   日本物理学会誌2014年7月号 (第69巻第7号):
   ''暗黒エネルギーと修正重力理論''の解説記事を執 筆

[6]   数 理科学2015年12月号:曲がった時空のミステリー(前田恵一編)
   ''ダークエネルギーと重力理論の変更''の章を執筆 (p27-p33)



翻訳記事: 
パリ ティ2013年12月号
     
''量子的な時 空の誕生への回帰'' (p4-14)
              
Martin Bojowald氏のPhysics Today誌の記事の翻訳


論文(レフェリー付き):  こちらを 参照

論文の引用回数 (INSPIRE): こ ちらを 参照
                                             Google scholarはこちら

(論文の引用回数とは何かにつ いての説明


Highly cited researcher:  2014年に,トムソン・ロイ ター社が選出した,highly cited researcher (高被引用論文著者)に 
          選ばれました.研究カテゴリ21分野で全世界から約3200人が選ばれ,日本の研究機関に属して
                                    いる研究者は約100人(物理学は14人)でした.詳しくは,こちらのファイルを 参照.


一般向けに紹介された論文:

[1] Science Watch (Thomson社) :2008年7月の''NEW HOT PAPERS''として下記の論文が紹介されました.
       ''Conditions for the cosmological viablity of f(R) dark energy models''
        L. Amendola, R. Gannouji, D. Polarski and S. Tsujikawa
        Physical Review D75, 083504 (2007)

[2] The Telegraph India :2005年3月に下記の論文が紹介されました.
       ''What is needed of a tachyon if it is to be the dark energy?''
        E. Copeland, M. Garousi, M. Sami and S. Tsujikawa
       
Physical Review D71, 043003 (2005)


共同研究者 :
こちらを 参照


共同プロジェクト:
    

[1]  FastSound のメンバー

[2]  DECIGO のメンバー

[3]  J-PAS のメンバー

将来の来訪計画: こちらを 参照

過去の海外での研究および国際会議出席: こちらを 参照

外部資金取得状況: こちらを 参照


雑誌の編集者: こちらを 参照

学会活動:  こちらを 参照


ビジター: こち らを 参照

Professional service:
こちらを 参照

大学の講義スケジュール: こち らを 参照


卒業研究案内 (2016年度版): 
こちらを 参照


学生のセミナーの準備の仕方:  河東泰 之氏による文書を 参照してください.
              河東先生は,私が東大駒場の数学科時代の授業で習った数学の先生です.
              このセミナーの準備に関する記事は,もちろん物理に当てはまります.

日課:
役に立つリンク集:


長期の海外渡航を考えている日本人研究者のために:

過去に訪問した国: こ ちらを 参照   辻川研のホーム ページに戻る