Topに戻る
メールに関する設定方法のページに戻る
前のページ: 定期的に新着メールを確認するための設定
次のページ: メールサーバのスプールから直接削除する方法

■ メールの分割送信を抑制するための設定
(Outlook Expressの場合)

ここでは、Outlook Expressにおいて、添付ファイルを自動的に分割してメールを送信しないようにするための設定について説明します。

もし、大きなファイルを分割して送信する必要がある場合は、以下の手順にて行ってください。

  1. ファイルを分割するためのソフトウェアを使用し、送信する前にファイルを分割する
  2. 分割したファイルを個別のメールに添付して送信する。

このようにして送信したメールについては、受信者側で同様の方法を用いてファイルを結合する必要があります。 また、このような方法でファイルを添付する場合、分割する前に対象のファイルがウイルスに感染していないかをウイルス用スキャンソフトで確認してください。

設定手順

1. Outlook Expressを起動します。

↓

2. Outlook Expressのメニューから「ツール(T)」をクリックし、さらに表示されたメニューから「アカウント(A)」をクリックします。

↓

3. 「インターネット アカウント」の画面で、「メール」タブをクリックします。

アカウントの欄の「(mail.rs.kagu.tus.ac.jp)」をクリックし、「プロパティ(P)」をクリックします。

※ アカウントの欄の表示が別名になっている場合には、神楽坂地区研究環境のメールサーバに該当するものを選択してください。

↓

4. 「プロパティ」の画面で、「詳細設定」タブをクリックし、「次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する」のチェックを外してください。

↓

5. 「OK」をクリックし、プロパティ画面を閉じます。

↓

6. 以上で、メールの分割送信を抑制するための設定は終了です。

メールに関するその他の設定については、以下のとおりです。

平成18年4月27日更新
総合情報システム部

Topに戻る
メールに関する設定方法のページに戻る
前のページ: 定期的に新着メールを確認するための設定
次のページ: メールサーバのスプールから直接削除する方法