放射線管理RADIATION MANAGEMENT

放射線を取り扱うためには、放射性同位元素等の規制に関する法律(RI等規制法)や労働安全衛生法電離放射線障害防止規則に基づく規制や手続きが必要となります。

放射線業務従事者

放射性同位元素を取り扱う研究、外部研究機関で放射線を利用した研究を行う場合は、放射線業務従事者の登録が必要です。放射線業務従事者の登録は、「放射線業務従事者教育訓練(1年に1回受講)」と「電離放射線健康診断(毎年)」を受講・受診し、放射線業務従事登録申請書を提出する必要があります。

エックス線作業従事者

エックス線回析装置などを使用する場合は、エックス線作業従事者の登録が必要です。エックス線作業従事者の登録は、「エックス線作業者教育訓練(作業前に1回受講)」と「電離放射線健康診断(毎年)」を受講・受診し、エックス線作業従事者登録申請書を提出する必要があります。

外部機関における放射線業務実施の申請について

放射線業務従事登録者が外部の放射線施設等を利用される場合、「外来放射線作業者個人管理登録票」、「外来放射線作業者登録申請書」等の書類提出を求められる場合があります。その際は必要事項を記入した様式を各キャンパスの環境安全管理課までお持ちください。

放射線資料

関連法令

各キャンパスの資料、様式

放射線業務従事者(放射線の使用者)

X線作業従事者(学内のX線機器使用者)

外部機関利用申請

  • 外部の放射線施設(KEK,J-PARC,RIBF,SPring-8,HIMAC等)を使用される方は、本学の放射線業務従事者に登録いただき、放射線関係書類交付願を関係者書類と一緒に申請ください。

     

バッジ申請

各種様式のダウンロード