東京理科大学 理学部第一部化学科 渡辺研究室

東京理科大学 理学部第一部化学科 渡辺研究室

Welcome

東京理科大学 理学部化学科 渡辺研究室 ホームページへ ようこそ。

所在地

〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町12-1
東京理科大学 5号館 3階
電話 03-3260-4271
実験室/学生室 305号室 (内線 5768)
教員個室 316号室 (内線 5757)

[郵送先]
〒162-8601
東京都新宿区神楽坂1-3
東京理科大学 理学部化学科
渡辺研究室


研究室

神楽坂キャンパス5号館3階305号室で、メンバー一同和気あいあい研究を行なっています。
安全・能率的で快適に研究と勉強ができる環境づくりを目指しています。
見学歓迎します。

研究内容 1

表面物理化学
当研究室では、表面科学的およびレーザー光科学的手法に基づくナノスケールから単一分子スケールの化学反応の観察と制御を目指した物理化学分野の研究を行なっています。

「金属表面における不活性原子・分子の活性化」
超高真空(10^-10 mbar)中で金属表面上にナノ構造を作成し、そこに吸着した原子・分子の状態や反応性を昇温脱離法やレーザー誘起光脱離などによって調べます。

超高真空表面解析装置
超高真空チェンバー (調製室・測定室)
3元電子ビーム蒸着器 (Omicron社製 Triple Evaporator)
イオンソース (SPECS社製 IQE11/35) 最高加速電圧 5 kV
低速電子線回折/オージェ分光法装置 LEED/AES (SPECS社製 LEED/AES)
昇温脱離法 Temperature Programmed Desorption (TPD) (HIDEN社製 四重極質量分析計 Hiden HAL/3F RC 301 PIC system)
質量選別飛行時間分布 Mass Selected Time of Flight (MS-TOF) (HIDEN社製 四重極質量分析計 Hiden HAL/3F RC 301 PIC system)
二光子光電子分光法 飛行時間型分光器 Two Photon Photoemission Spectrometer


研究内容 2

プラズモンを帯びたナノ物質の創製
電子の集団振動であるプラズモンを帯びた、貴金属ナノ粒子/ロッドやその複合体等のナノ物質を合成します。その構造と光学的性質を調べその関係を明らかにするとともに、光触媒への応用を目指します。

学生

M2 (2)

M1 (1)

B4 (3+2)

最近の論文

Pd(111)におけるサブサーフェスアルゴンナノバブルの成長メカニズム
アルゴンイオンをPd(111)表面に照射して、アルゴンナノバブルが成長する過程を昇温脱離法(TPD)で調べました。

出典
"Growth Mechanism of Subsurface Argon Nanobubbles at Pd(111)", Hiroki Tanabe, Kazutaka Hayashi, Shun Hosoi, Naoki Hama, Yukie Yokota, and Kazuo Watanabe, J. Phys. Chem. C 123(13), 8256 (2019).

卒業研究配属選考について

・選考においては理学研究科化学専攻に進学(内部進学)する人を優先します。

一次募集: 内部進学希望者のみ
二次募集(実施する場合): 内部進学希望者のみ
三次募集(実施する場合): 内部進学希望者および外部大学院進学(併願も含む)希望者

・卒業研究配属を希望する場合は、研究室見学を推奨します。

見学について

見学を歓迎します。予約をお願いします。
Zoomでも対応します。

連絡は渡辺量朗まで。


定例行事

月曜日 勉強会(教科書・文献輪読)
木曜日 雑誌会、勉強会(教科書・文献輪読)
金曜日 グループミーティング 打ち合わせ、研究経過報告など

年間スケジュール

4月 4年生歓迎会
5月
6月
7月 大学院推薦入試学内選考
8月 大学院一般入試
9月 研究室合宿 秋季学会
10月
11月
12月 忘年会
1月 卒論・修論要旨提出
2月 修論発表
3月 卒論発表 春季学会

その他行事

ソフトボール大会 6月・10月
飲み会 随時開催 (月一回程度)
誕生会

外研受入研究室

意欲と実力のある人は、下記の研究室において卒業研究(外部研修)を行なうチャンスがあります。
受け入れ先への見学・面談をアレンジしますので、興味のある人は連絡して下さい。

東京大学物性研究所 吉信研究室

「固体表面における化学反応と物性の研究」

・各種の表面分光法(光電子分光、電子エネルギー損失分光、赤外吸収分光など)や局所プローブ顕微鏡法(STM、AFM)を用いて、固体表面の電子状態、化学状態を調べ、表面における原子・分子の吸着状態、分子間相互作用、化学反応、物性を実験的に研究する。

東京大学大学院理学系研究科 附属地殻化学実験施設 平田研究室

「隕石・岩石・生体試料に含まれる微量元素の超高感度分析」

・生命体を含めた全地球規模での元素循環を通じて、地球の誕生から生命の進化までを包括的に扱う「地球メタロミクス」を推進する。


学内向情報

就職幹事
2019年10月1日より化学科の就職幹事を担当しています。
ご連絡は電子メールで。


担当講義
「物理化学3A, 3B」 3年生 前・後期
「反応速度論」 3年生 前期
「表面物理化学」 3年生 後期
「分子科学特論3」 大学院 後期(隔年)

クラス担任(化学科)
化学科のクラス担任表で一番最後の組です。
本学の学生相談室(学生よろず相談室)に相談するのが基本ですが、勉学・生活上の相談などをご希望のクラスメンバー(と保証人様)は事前にご連絡ください。

よろず相談室 | 保健管理センター | キャンパスライフ支援 | 教育・学生生活 | 東京理科大学

過去のお知らせ

2020/03/31 横田幸恵助教 転出 新所属先: 上智大学理工学部物質生命理工学科 (2020/04/01より)

Copyright(C) 2021 渡辺量朗

最終更新 2021/03/29