TOP 研究内容 業 績 メンバー アクセス 授業のページ

   
当研究室は、21世紀の3つの基幹研究領域である「バイオ」・「ナノ」・「レーザー」科学技術の融合を基盤として、 天然有機・無機化合物間の特異かつ特有な相互作用を、各種分光・散乱法および高度表面分析測定等による構造特性解析と高次な計算化学に基づく物理化学的手法により究明する。さらに、こ れにより得た知見を基礎・活用し、分子・細胞認識能を有する医用デバイス、人工臓器、再生医療、バイオセンサー、ドラッグデリバリーシステム(DDS)などの最先端医療・生理活性材料、光や熱等の環境応答型分子スイッチ機能を持つ高分子界面・ゲル、あるいは環境浄化材料の開発を行う。

     

主な研究テーマは以下の通りです。        詳細        

 

A. 生体関連物質の高機能化                 
  ・生体高分子フィルムのイオンビームによる表面改質と細胞増殖能の評価

・生体高分子フィルムのエキシマレーザーによる表面改質と細胞増殖能の評価

 

B. 先端医用デバイスの開発                    
  ・蛋白質・糖質リガンドを有する刺激応答性薬物キャリアの調製とその物性評価 他

C. 炭素ナノ材料                                
  ・単層カーボンナノチューブのカイラル構造の選択分離法確立と応用 他

D.
レーザー科学                                       
  ・フェムト秒レーザーによる超高速光過程解析およびアブレーションによる表面改 質による生体   高分子の高機能化

E. 環境科学                                          
  ・土壌、湖水中の溶存有機物・金属複合体の分子特性とその環境浄化作用 他

 


TOP 研究内容 業 績 メンバー アクセス 授業のページ