title


The Users Meeting of Cavity Ringdown Spectroscopy

English

更新情報・お知らせ

2021/12/1
プログラムを掲載いたしました。
2021/10/1
このミーティングは、キャビティーリングダウン分光法ユーザー相互の情報交換を行います。この分光法は、国内にも広く普及し、分子の構造や反応の解明、更に濃度測定に威力を発揮しています。しかし、その普及にも関わらず、ユーザー間の交流は少ない状況にあります。既存の会議は結果に重点が置かれ、ユーザーの立場に立った装置の開発やその問題点等の議論が十分行えません。そこで本ミーティングは、現ユーザーおよび今後のユーザーが相互に交流し、情報を交換し、発展を図ることを目指します。この会は2019年に初めて開催され、今回で3回目となります。今年度は中国科学技術大学のHu教授の招待講演が予定されております。ユーザーはもとより、ご興味ある方々の積極的なご発表・ご参加を心よりお待ちしております。なお、今年度も社会的事情を考慮し、zoomによるオンライン開催となります。招待講演を含む最初のセッションが英語、その後のセッションが日本語となります。

世話人:荒木光典、築山光一(東京理科大学)、小山貴裕(理研)、須磨航介(鹿児島大学)
日本分光学会共催

Program in Japan Standard Time (UTC+9)

Thursday, 16 December
13:00-14:00 Zoom connection test for speakers

Friday, 17 December
12:30 Zoom site opens. Zoom connection test for speakers
13:00 Opening remarks

Session 1a (English) (Chair: Araki)
13:05 Cavity Ringdown Spectroscopy of Molecules with kHz Accuracy(Shui-Ming Hu, University of Science and Technology of China)Invited
Session 1b (English) (Chair: Suma)
13:30 Cavity ringdown spectroscopic study on enhanced chiral-recognition of propylene oxide induced by hydrogen bond (Yoshiteru Matsumoto, Shizuoka University)
13:55 Development of cavity enhanced absorption spectrometer and detection of CH overtones of methyl acetete and ethyl acetete (Mitsunori Araki, Tokyo University of Science)
14:10 Coffee break

Session 2 (Japanese) (Chair: Oyama)
13:25 市販CRDS微量水分計による多種ガス中微量水分計測(産業技術総合研究所 天野みなみ)
14:10 CRDSに基づく生体試料中放射性炭素分析装置の開発(名古屋大学 富田英生)
15:25 Closing remarks

・接続トラブル防止のため、座長は世話人がさせていただきます。
・ご発表者の方々は、前日枠か当日枠のどちらかで接続テストを出来るだけ行っていただけるようお願いいします。

聴講参加申し込み

  こちらのリンクにお進みください。

【参加申し込み締切】12月15日(水)24時 
・参加費は無料です。
・ZoomのURLをお送りする都合上、ご発表のない方も必ず登録をお願い致します。

担当者連絡先: 荒木光典:

これまでのミーティング

2020年 第二回
2019年 第一回

Update

2021/12/1
Program updated. (See above.)

2021/10/1
The Users Meeting of Cavity Ringdown Spectroscopy, first held in 2019, is aiming at mutual communication among experimentalists employing spectroscopic methods with an optical cavity, e.g., Cavity Ringdown Spectroscopy, Cavity Enhanced Absorption Spectroscopy, and so on. One of the reasons for starting this meeting was that there had been no place so far in which researchers engaged in this spectroscopic technique can talk or report freely their ideas, on-going status and outcomes. In this year, we will launch the 3rd Meeting in the afternoon on 17 December, 2021, by Zoom. Prof. Shui-Ming Hu, University of Science and Technology of China, will give an invited talk. Thus, the session including his presentation will be given in English and the other in Japanese. This meeting will be held in cooperation with the Spectroscopical Society of Japan. We would be very honored if you would consider attending and contributing this meeting.

Organization Committee: Mitsunori Araki, Koichi Tsukiyama (Tokyo Univ. of Science), Takahiro Oyama (RIKEN), and Kohsuke Suma (Kagoshima Univ.)

Date

Friday, 17 December, 2021
See above for the program.

Registration

  Click on this link for registration.

・Deadline for registration: Wednesday, 15 December, 12:00 pm (JST)
・There is no fee to participate.

Contact (Mitsunori Araki):

Previous Mieetings

2020, 2nd
2019, 1st