東京理科大学理学部 応用物理学科

English version

  • 東京理科大学
  • 東京理科大学 理学部
  • 東京理科大学理学部第一部
    応用物理学科
    風景 〒125-8585
    東京都葛飾区新宿6-3-1
    (研究室)研究棟8階
    (学科事務室)研究棟3階
アクセス
学科主任:荒木修 教授
教務幹事:遠山貴巳 教授
就職幹事:樋口透 講師
大学院幹事:小向得優 教授
FD幹事:宮島顕祐 准教授
実験幹事:伊藤哲明 准教授
     中嶋宇史 講師

物理を応用して社会を変革する~イノベーションを目指して~


応用物理学科・応用物理学専攻では,
量子物理系,数理・統計物理系,先端デバイス物理系の3分野が手を取り合い
人類社会の変革(イノベーション)を目指した研究と,真に社会貢献できる人材の育成を行っています

オープンキャンパス

平成29年8月11日9:30-15:30葛飾キャンパス研究棟8Fにてオープンキャンパスを行います。
お誘い合わせの上ご参加ください。
2017poster
ポスターの印刷はこちらから

News

2017年4月1日 宮島顕祐准教授が就任し,木下健太郎准教授,加瀬直樹助教,石原淳助教が着任しました.NEW
2017年3月16日 澤近周一さん(応用物理学科4年)が、研究等の成果が特に優れていると認められ、平成28年度東京理科大学学生表彰を受けました
2017年2月22日 第六回サイエンスインカレ(筑波大学筑波キャンパス春日エリア)に学科から4組(口頭2組,ポスター2組)が参加・発表を行います。
2017年2月1日 樋口研究室の川村欣也君(修士課程2年)と高柳真君(4年生)が第26回日本MRS年次大会において講演奨励賞を受賞しました
  •  過去のNews
  • 2016年12月3日 宮島研究室の熊谷悠紀君(M2)が第27回光物性研究会(12月2,3日神戸大学)にて「CuCl量子ドット集合系におけるシード光照射による超蛍光の発生制御」という発表で「光物性研究会奨励賞」を受賞しました
    2016年11月25日 当学科所属の荒木修教授・齋藤智彦教授による「本質から理解する数学的手法」裳華房が出版されました。
    2016年6月14日-6月16日 宮島研究室の那須雅樹君(修士課程1年)がナノ学会第14回大会(北九州国際会議場)において「高密度CuCl量子ドット集合系における超蛍光のSingle shot測定」という発表でポスター賞を受賞しました.
    2016年3月5日-3月6日 第五回サイエンスインカレ(神戸国際会議場)に学科から2組(口頭1組,ポスター1組)が参加・発表を行い、澤近周一さんが国立研究開発法人科学技術振興機構理事長賞を受賞しました
    2016年2月26日 平成27年度の卒業研究発表会を行いました。
    2016年1月26日 樋口研究室の鈴木直哉君(修士課程2年)が第25回日本MRS年次大会において若手奨励賞を受賞しました
    2016年1月14日 樋口研究室で行っている「低電流で磁性制御可能な素子開発」に関する研究成果がSPring8日刊産業新聞(1/14付の朝刊15面)に掲載されました。
    2016年1月12日 樋口研究室の土屋敬志PD研究員が電気化学会において田川記念固体化学奨励賞を受賞することが決定しました。
    2016年1月12日 土屋敬志PD研究員、樋口透講師らが行った「低電流スピントロニクス素子の開発」に関する共著論文ACS Nano誌において出版されました
    2016年1月6日 河合塾のみらいぶプラスで樋口研究室の燃料電池の研究が紹介されました。
    2015年8月6日 古川哲也助教,伊藤哲明准教授らの共著論文Phys. Rev. Lett.誌において出版されました
    2015年7月9日 遠山貴巳教授の東京大学物性研究所等との共著論文Nature Comm.誌において出版されました
    2015年5月21日 樋口研究室の土屋敬志氏(PD)がMRS Fall Meeting & Exhibit, Symposium K のBest Poster Awardを受賞されました
    2015年4月24日 住野豊講師らの共著論文がPhysical Review Letters誌のcover及びeditor's choiceに選定されました
    2015年4月1日 浦川智和助教、Saleem James Denholme助教、古川哲也助教が着任しました
    2015年3月19日 2014年度学生の学位授与式がありました
    2015年3月5日 吉原達成さん(応用物理学科4年)が、研究等の成果が特に優れていると認められ、平成26年度東京理科大学学生表彰を受けました
    2015年2月28日-3月1日 サイエンスインカレ(神戸国際会議場)に、学科から4組が参加し発表を行いました 
    2015年2月26日 平成26年度の卒業研究発表会を行いました。
    2015年2月25日 ホームページをリニューアルしました。 
    2014年12月 住野豊講師が第9回(2015年)日本物理学会若手奨励賞を受賞しました。
    2014年10月 中嶋宇史講師が着任しました。
    2014年4月1日 遠山貴巳教授、伊藤哲明准教授、住野豊講師、飯田大輔助教、杉本貴則助教が着任しました。
    2014年3月 田中洸輔さん(応用物理学専攻修士2年)が、研究成果が特に優れていると認められ、東京理科大学学生表彰を受けました。
    2014年1月 齋藤智彦教授が、米国物理学会(American Physical Society)の「Outstanding Referee(卓越した査読者)」に選出されました。
    2013年12月 田中洸輔さん(応用物理学専攻修士2年)が、第34回日本熱物性シンポジウムで学生ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。 受賞手記が日本熱物性学会誌「熱物性」2014年2月号に掲載されています。
    2013年4月1日 永合祐輔助教、橋爪洋一郎助教が着任しました。
    2013年2月 葛飾キャンパスが竣工しました。
    2012年4月1日 津村公平助教が着任しました。
    2011年7月 大川和宏教授が2011年9月13日付けで中国・天津職業技術師範大学の客員教授(終身)に就任しました。
    2011年6月 中村淑子先生と金子聰先生が平成23年6月9日付で名誉教授になられました。
    2011年4月1日 齋藤智彦准教授宮川宣明准教授が教授に就任し、宮島顕祐講師、大川万里生助教、出浦桃子助教が着任しました。
    2011年1月 大川研究室で開発された「LED疑似太陽光装置」が2011年1月6日付の『日経産業新聞』の1面で紹介されました。
    2010年4月1日 垣本悠太助教、束田昭雄助教、福永正則助教が着任しました。
    2009年4月1日 大川准教授が教授に、樋口透助教が講師に就任しました。
    2009年2月 大川和宏准教授が光半導体の研究において業績賞を受賞しました。
    2008年6月 平成21年度より理学研究科応用物理学専攻がスタートします。
    2008年4月1日 小向得優准教授が教授に就任し、石黒亮輔助教、中嶋宇史助教、平子晃助教、船水英希助教、吉田幸彦助教が着任しました。

授業の様子

東京理科大学理学部応用物理学科齋藤教授による電磁気学Iの授業の様子です.
Link to YouTube

Up coming seminar

東京理科大学理学部応用物理学科主催の不定期セミナーです
学部生も気軽にご参加下さい.
詳しくはセミナー情報をご覧ください.
Time 第37回:7/10(Mon.) 14:50-15:50
Place 葛飾キャンパス講義棟301室
Speaker Prof. Oliver Steinbock
Affiliation Department of Chemistry and Biochemistry, Florida State University
Title Self-organization and complexity: The origin of macroscopic order from microscopic processes

Time 第36回:6/28(Wed.) 16:10-17:40
Place 葛飾キャンパス研究棟8階第1セミナー室
Speaker Prof. Konrad Matho
Affiliation Institut Néel(Grenoble, FRANCE)
Title "Heavy Fermions“ as observed by photoemission and interpreted by the "PAM"


Images Now

2017年第6回サイエンスインカレ出場の様子
(堀眞弘さん/大野周平(横市大)さん,大塚健太郎さん)

2017年第6回サイエンスインカレ出場の様子
(久保哲士さん, 星野美彩子さん)

  •  過去のImages
  • 2016年第5回サイエンスインカレ出場の様子
    (澤近周一さん, 吉井究さん)

    2015年第4回サイエンスインカレ出場の様子
    (高栁真さん/関根正貴さん, 中濱裕介さん/米岡尚樹さん)

    2015年第4回サイエンスインカレ出場の様子
    (山崎勇人さん/堀芳樹さん/澤近周一さん,渡邉真莉さん/長畑範之さん/山田秀祐さん)

    基礎物理学とフォトニクス・エレクトロニクスの橋渡しをする「光物性」は、我々の生活を支える重要な研究分野です。画像はミラー・レンズ・偏光子などで構成した実験系です。超短パルスレーザーと組み合わせることで、物質中の電子の振る舞いを10‒12秒の時間スケールで明らかにし、新しい光学現象を探求しています。
    宮島研究室:講師・宮島顕祐)

    卒業研究発表後の謝恩会
    (宮島研究室:M2・長澤和輝氏提供)

    卒業研究発表会
    (宮島研究室:M2・長澤和輝氏提供)

    魚や鳥のような生物は運動方向に一定時間の記憶を持ち自発的に運動します。これらを抽象化すると物理学の枠組みで集団運動が理解できます。この画像は運動方向に記憶を持つ自発駆動粒子の集団が示す渦を数値計算したものです。
    (住野研究室:講師・住野豊)

応用物理学科を志す諸君へ(主任から)

本学科は、昭和35年に当時の真島正市学長により理学に根ざした応用研究を行う学科として設立されました。その伝統を保ちつつ理学部に属する応用物理学科として独自の教育研究を行っています。2013年4月には葛飾キャンパスへ移転し、新たな気持ちで教育・研究を実施しています。

続きを読む

page top