To English version
                                                                部分多様体幾何とリー群作用2018
         日時: 2018年9月3日(木)〜9月4日(金)

    場所東京理科大学森戸記念館第1フォーラム(B1階)
    (JRおよび地下鉄飯田橋駅から森戸記念館までの道順につきましては

     (PDF)
をご覧ください。)

    
                      プログラム    

  9月3日(月)
    10:00〜11:00 本田 淳史 (横浜国立大学)
              3次元ローレンツ多様体内の有界なガウス曲率を持つ
              混合型曲面
    11:10〜12:10 山本 光 (東京理科大学)
              変形エルミート・ヤン・ミルズ接続の幾何学
    14:00〜15:00 梶ヶ谷 徹 (東京電機大学)
              複素双曲空間内のハミルトン安定ラグランジュトーラス
              について
    15:10〜16:10 田中 真紀子 (東京理科大学)
              古典型コンパクト対称空間の極大対蹠集合
    16:20〜17:20 内藤 博夫 (山口大学)
              リーマン対称空間のグラスマン幾何的曲面論

    18:00〜     大仁田義裕先生を囲む会
            (部分多様体幾何学における国際的功績に対する感謝の会)
             会場:アグネスホテル

  9月4日(火)
    9:50〜10:50  河井 公大朗 (学習院大学)
              Associative部分多様体の2次変形
    11:00〜12:00 馬場 蔵人 (東京理科大学)
              対称空間論における双対性の拡張とその応用
    13:50〜14:50 酒井 高司 (首都大学東京)
              複素旗多様体の実形の交叉とFloerホモロジーへの応用
              -合同とは限らない実形の場合- 
    15:00〜16:00 長友 康行 (明治大学)
              複素射影直線から複素2次超曲面への調和写像
    16:10〜17:10 大仁田 義裕 (大阪市立大学)
              小池の条件を満たすHermann作用の軌道の分類について

   
   
世話人: 小池 直之 (koike(at)rs.kagu.tus.ac.jp)
   
本研究集会は、
         科学研究費補助金・基盤研究(C)No. 18K03311
   
によってサポートされています。

        大仁田義裕先生を囲む会の写真